忍者ブログ

ゲオルグ・カール・グロスマン

Carl Friedrich Wilhelm Großmann

1918〜21年にかけ、ドイツ・ベルリンで多数の女性を殺害し、その肉を闇市で売りさばいていた連続殺人犯。
被害者数は定かではなく、少なくとも50人は殺害されているとみられている。
1921年8月21日に逮捕され、死刑判決を受けるも刑務所内で首吊り自殺した。

<概要>
ゲオルグ・カール・グロスマンは1863年12月13日にドイツのノイルピーンに生まれた。幼少期についてはあまり知られていないが、子供の頃から残虐な性格を示していたとされる。
長じてからは屠殺場で働いたこともあったが、各地を浮浪者のように転々と移動し、児童への性的暴行で逮捕暦もあったという。あるレポートによると7歳の少女への暴行で14年間刑務所にいたという。

第一次世界大戦によってドイツ経済が大混乱に陥いると、グロスマンはベルリンの闇市で肉やホットドッグを売りさばくようになった。
材料はグロスマンが殺害した女性たちだった。彼はホームレスや売春婦などを自宅アパートに連れ込み、暴行して殺害し、その肉を食用として解体した。肉は売りさばくだけでなく、自分でも食べていた。骨など食べられない部分はアパート近くの川に捨てていた。

1921年8月21日、グロスマンの隣人が女性の叫び声を聞いて警察に通報した。警察はまだ死んだばかりの若い女性の遺体を発見、グロスマンを逮捕した。部屋の中には数週間内に殺害された、少なくとも三人分の遺体があったという。

グロスマンは四人の女性殺害を自白したが、実際の被害者はもっと多く、100人に及ぶという推定もある。彼が骨などを捨てていた川からは、20人以上の遺体の一部が見つかっている。

グロスマンは殺人により死刑判決を受けたが、1922年7月5日、独房の中で首を吊って自殺した。享年58。

<リンク>
Carl Großmann (Wikipedia En)

カール・デンケフリッツ・ハールマンと並ぶ第一次大戦後ドイツの人食い連続殺人犯の一人ともされている。

ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン

Vayron Jonathan Nakada Ludeña

2015年9月14日、16日に埼玉県熊谷氏で起きた連続殺人事件の犯人。
小学生2人を含む6人を刺殺し、立て籠もりの果てに自殺を図り、逮捕された。
数日後に意識を取り戻すが、警察の調べに対して事件のことを知らないと話しているという。

<概要>
ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタンは1985年、ペルーで10人兄弟の末っ子として生まれた。
ナカダ姓は日本に出稼ぎに行くにあたり、2003年に日系人と養子縁組して得た名字である。
2000〜2006年にかけ、実兄であるペドロ・パブロ・ナカダ・ルデニャが連続殺人事件を起こし、17人を殺害した。
ナカダはこの事件を目撃し、PTSDを患っていたという話もある。

2005年、ナカダは来日した。兄の事件や日本語がほとんど喋れないことなどが影響したのか、徐々に精神を病んでいったとみられ、関東近郊の工場を転々としていた。
2015年8月、ナカダは「背広の男に追われている」と話し、勤めていた群馬県伊勢崎市の工場を突如退職した。

2015年9月13日の昼過ぎ、ナカダは埼玉県熊谷市内の民家の庭に不法侵入した。住民が声をかけると、彼は警察に電話するように片言の日本語で伝えた。
通報により駆けつけた警察はナカダを熊谷署に連れて行った。彼はペルーに帰りたいと繰り返し、親族と電話して泣き出したという。
15時ごろ、ナカダは喫煙休憩を求めた。一服した彼は突然走り出し、追いかける署員を振り切って逃走した。わずかな所持金も荷物も警察に置いたままだった。
警察の元にはナカダと思われる目撃情報が複数届いた。庭に不法侵入した、金銭をせびられたという通報もあり、警察は警察犬を投入して行方を追ったが、ナカダの行方は分からなかった。

翌日の夕方、ナカダは熊谷市内の住宅に侵入し、住民の夫婦を滅多刺しにして刺殺した。この際、ビールを飲んでいたことがわかっている。その後車を奪い、200mほど離れた駐車場に乗り捨てた。
この事件はその日のうちに発覚している。

翌15日、警察は13日に起きた不法侵入の罪でナカダの逮捕状を取った。だが、地域に周知することはなかった。

そして16日、ナカダは熊谷市内の女性宅に侵入して住民の84歳の女性を殺害した。彼は一晩この部屋で過ごしていた可能性がある。この事件は16時50分頃には発覚している。

17時過ぎ、先の事件について聞き込みをしていた警官がある一軒家の異変に気づいた。明かりがついているにも関わらず、応答がなかったのだ。
ナカダは2階の窓から顔を出した。両手には包丁が握られていた。警察の説得にも関わらず、ナカダは両手首を切りつけて、窓から投身自殺を図った。
家の中からは住民の41歳の女性とその娘2人(当時10歳と7歳)の遺体が見つかった。母親は滅多刺しにされていたが、姉妹は一突きで殺害されていた。

ナカダは落下した際に頭部を強打し、その後数日間意識不明の重体となった。同年9月24日に意識を回復し、10月8日に退院と同時に逮捕された。
しかし、ナカダは「気がついたら病院にいた」などと供述し、現在も容疑を否認している。
ナカダの一族には精神疾患を患う者が多いようで、連続殺人犯の兄も統合失調症の診断をされている。ナカダ自身も意味不明な供述を繰り返していることから、同様の疑いが持たれている。

2017年4月10日、第一回公判前整理手続きが開かれ、再度精神鑑定が行われることとなった。
ただし、起訴前に行われた精神鑑定では精神疾患なしの診断が下りている。

<リンク>
熊谷連続殺人事件(Wikipedia)

関根元・風間博子

関根元
風間博子
山崎永幸

1993年に埼玉県熊谷市周辺で発生した、いわゆる埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人グループ。
首謀者は関根元と風間博子(二人は元夫婦)で、山崎は共犯であった。
関根が経営していたペットショップのトラブルが発端となり、少なくとも4人が殺害されている。
証拠隠滅により捜査は難航したが、1995年1月に全員逮捕された。
1996年には二審で共犯の山崎に懲役3年の判決(既に刑期を終えて出所)。
2009年6月5日に最高裁で関根及び風間への死刑判決が確定。

<概要>
関根元は1942年に埼玉県秩父市に生まれた。子供の頃から嘘つきで「ホラ元」と呼ばれていた。
ヤクザの使い走りやヒモまがいの生活を送っていたが、犬の交配ビジネスに目を付け、悪質な商売を始めた。
当初は秩父市に店を構えていたが、売った子犬を殺して新しい犬を売りつけたり、トラやライオンなども扱っていたりしたため近隣住民や暴力団ともトラブルになり、熊谷市に移った。

1982年、熊谷で「アフリカケンネル」というペットショップを開いた関根は、そこで後に共犯となる風間博子と知り合い結婚する。関根は7度目の、風間は2度目の結婚だった。
風間の実家は資産家で財産を目当てとした結婚とも言われるが、話術巧みでブリーダーとしても有能な関根と金銭管理に長けた風間の共同経営により店は繁盛していたという。
しかし、その一方で悪質な商売は相変わらずで、客とは常にトラブルを抱えていた。
1984年には関根の周囲で少なくとも3人の失踪者がいる。
うち一件については、後に共犯者が警察に証言したが、物証は得られず警察は立件を断念している。

バブル崩壊後、夫妻は売上の減少や家や繁殖場の新築などにより1億円以上の借金を抱えていた。
1993年、関根は客に繁殖ビジネス(客につがいを購入させ、子犬が生まれたら店が高額で引き取るというもの)を勧め、犬のつがいを不当な高額で売りつけた。
騙されたことに気付いたこの客が代金の返金を求めトラブルになり、夫妻はこの客の殺害を計画した。
同年4月20日、関根は被害者を呼び出し、硝酸ストリキニーネ(犬の安楽死用に用いられる筋弛緩剤)を飲ませて殺害した。
その後、従業員の山崎永幸を脅して被害者の車を移動させ、あたかも失踪したかのように偽装した。
遺体は群馬県片品村に運び、バラバラに切断して焼却して近隣の山林や川に遺棄した。

しかし、この被害者の家族が失踪と関根らとの関係を疑って押しかけてきた。
この仲裁に顔見知りの暴力団幹部に助力を求めたところ、この幹部は逆に夫妻を脅迫して金銭を要求してきた。
1993年7月21日、関根らはこの幹部と運転手の男性二人を硝酸ストリキニーネで毒殺する。
夫妻は群馬県片品村で遺体をバラバラにして解体、山崎もそれに協力した。
翌朝、遺体は近隣の川などに遺棄された。

この一月後の8月26日、関根は客の女性を一人殺害している。
彼女は関根と愛人関係にあり、高額な犬を買わされていただけでなく、店の出資金名目で270万円を搾取されていた。
関根は被害者を硝酸ストリキニーネで毒殺した後、山崎と共に遺体を解体して遺棄した。
なお、この事件には風間は関わっていないとされている。

翌1994年、大阪愛犬家連続殺人事件が発覚、類似事件としてマスコミが本事件について報道し始めた。
事件はワイドショーなどで連日報道され、関根はインタビューに応じて身の潔白を主張した。

警察も捜査をしていたが、関根の徹底的な証拠隠滅(関根は遺体処理を「ボディを透明にする」と呼んだという)により捜査は難航した。
警察は山崎と1984年の事件の共犯とされる人物を聴取、12月には山崎が犯行を自供し、遺骨や遺留品が発見された。
翌1995年1月5日、関根・風間が逮捕、8日には山崎も逮捕された。

夫妻は1993年の事件前に離婚していた。
これは税務対策のための偽装離婚だったようだが、裁判ではお互いに罪をなすりつけ合った。

1995年12月15日、山崎に懲役3年の実刑判決。
1996年6月7日、二審で控訴棄却され、山崎も上告しなかったために懲役3年が確定。

2001年3月21日、関根・風間に一審で死刑判決。
2005年7月11日、二審で控訴棄却。両名とも上告。
2009年6月5日、最高裁が上告を棄却し、関根・風間の死刑判決が確定。

2017年3月27日、関根は獄中で病死した。享年75。

<リンク>
最高裁判決文(PDF)
埼玉愛犬家連続殺人事件(wikipedia)
埼玉愛犬家殺人事件被告夫婦の娘 両親逮捕以後の人生を告白(NEWSポストセブン)

<ノンフィクション>

愛犬家連続殺人 志麻 永幸 角川文庫

共犯の山崎永幸(志麻永幸はペンネーム)による事件の手記。
本書は事件の詳細を共犯者自らが書いているという触れ込みだけあって、内容はかなり強烈。描写もエグい。

ところで、本書とほぼ同じ内容(らしい)本が別にある。

悪魔を憐れむ歌  蓮見圭一 幻冬舎

どうも先の本に関わったゴーストライターによるものらしい(未読)。

<映画>

冷たい熱帯魚

本事件を基にした映画。犬ではなく熱帯魚のブリーダーという設定になっている。
エグい描写が激しく見る人を選ぶとは思うが、スプラッタが平気なら見る価値あり。

余談だが、この映画は結構評判が良く、原案と思われる志摩の『愛犬家連続殺人』は古本でも結構良い値段を付けている。
でも出版元の角川は再版どころか電子書籍化もしていない。
ゴーストライターがほぼ同じ内容の本を出している辺り、多分権利関係で何かしらあったんだろうが、非常にもったいないと思う。

北村実雄・真美・孝・孝紘

北村実雄・北村真美・北村孝・井上(旧姓:北村)孝紘

2004年9月に福岡県大牟田市で発生した強盗殺人・死体遺棄事件の犯人一家。
強盗目的で貸金業を営む一家を殺害、遺体を遺棄した。
2006年には母親と次男に、2007年に父親と長男に一審死刑判決が下った。
2011年には一家全員の死刑判決が確定した。

<概要>
北村一家の父・北村実雄は道仁会系北村組組長であったが、後に被害者となる女性などから多額の負債を抱えており、上納金や生活費にも困窮していた。
そこで妻・真美と共に貸金業を営む被害者の殺害を計画し、実行に際して長男・孝を誘い込んだ。
計画は被害者に架空の土地売買を持ちかけ、2600万円の現金を用意させた後に殺害するというものであった。
しかし、長男は両親を出し抜こうと次男・孝紘を誘い、2004年9月16日、被害者宅を襲撃した。
長男も次男も元力士だった。長男には傷害致死の前科があり、次男は地元暴走族のリーダーだったという。
二人は家にいた貸金業者の次男で15歳の少年を絞殺、金庫にあった金品約400万円分を強奪。少年の遺体を諏訪川に遺棄した。
しかし、土地売買の代金の強奪には失敗したため、両親に顛末を話して頭を下げた。
話し合いの結果、一家は再度金を奪う計画を実行することにした。
翌17日、母親が被害者を呼び出し、催眠薬入りの食事で眠らせた上、次男が絞殺。
金を盗むため被害者宅まで向かったところ、親の行方を捜していた被害者の長男(当時18歳)とその友人(当時17歳)と遭遇。
一家は二人を車に乗せて埋め立て地に連れて行き、拳銃やアイスピックを用いて殺害、三人の遺体を車ごと諏訪川に沈めた。

2004年9月21日、次男の遺体が発見され、その翌日母・真美が逮捕された。
父・実雄は事情聴取中に拳銃自殺を図った。
23日には車ごと沈められた三人の遺体も発見され、次男・孝紘が逮捕。
10月2日には長男・孝も逮捕されたが、13日に福岡地検久留米支部から逃走を図った(およそ三時間後に確保)。

一家は取り調べに非協力的で、法廷内でも口論を始めるなど事件の真相については不明なことも多い。
2006年10月17日、母親と次男に一審死刑判決。
2007年2月28日、父親と長男に一審死刑判決。
2007年12月25日、母親と次男に二審死刑判決。
2008年3月27日、父親と長男に二審死刑判決。
2011年10月3日、最高裁が母親と次男に死刑判決。
2011年10月17日、最高裁が父親と長男に死刑判決。
こうして一家四人全員の死刑が確定した。

<リンク>
ニュース特集・大牟田4人殺害(読売新聞)

<ノンフィクション>

我が一家全員死刑 福岡県大牟田市4人殺害事件「死刑囚」獄中手記 鈴木智彦 コア新書

次男・孝紘の獄中記を中心としたドキュメント。
映画化されるとのこと(シネマトゥデイの該当記事)。2017年秋に公開予定。
ちなみに下の本の新書版らしい。

我が一家全員死刑 鈴木智彦 コアマガジン


夫婦で死刑、兄弟で死刑というのは稀にあるが(例えば埼玉愛犬家殺人の関根と風間夕張保険金殺人の日高夫妻など)、一家四人が死刑という事件はほとんど例がないのではないだろうか。
あまり有名ではないが、印象的な事件である。

島根女子大生死体遺棄事件

2009年11月6日、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で女性のバラバラ遺体が見つかった事件。
被害者は島根県に住む女子大学生。
2016年12月、容疑者とみられる男性が書類送検され、2017年1月に不起訴処分。

<概要>
被害者の女子大学生が行方不明となったのは2009年10月26日のこと。
島根県浜田市内のアルバイト先を出た後、足取りが途絶えた。
二日後、娘と連絡を取れなくなった両親が捜索願を提出、11月2日には公開捜査となった。

遺体が見つかったのは11月6日のことだった。
島根県と広島県の県境に近い臥龍山山頂付近で、キノコ狩りに来ていた男性が頭部を発見した。
以降の捜索で左大腿骨の一部、胴体、左足首が見つかった。
他の部位については未発見だが、爪など小さな肉片・骨片が動物の糞から見つかっている。
島根・広島両県警は合同捜査本部を設置、翌2010年には捜査特別報奨金制度(300万円)を適用した。

被害者は島根県立大学の真面目な学生で、交際相手もおらず、目立ったトラブルも抱えてはいなかった。
遺留品や目撃情報の少なさから捜査は難航し、現在も未解決となっている。
警察は被害者が行方不明になった頃に目撃された不審な白色のセダンや、遺棄現場付近で発見されたNTT電話帳配布用ポリ袋などの情報提供を呼びかけている。

2016年12月18日、島根県警は遺体発見の二日後に事故死した矢野富栄(享年33)を殺人や死体遺棄容疑などで書類送検する方針と発表した。
男性のデジタルカメラに行方不明になったあとの被害者の画像が残っていたという。
2017年1月31日、容疑者死亡で不起訴処分となった。

<リンク>
女子大学生被害の死体遺棄等事件情報提供のお願い(島根県警察)
島根女子大学生バラバラ殺人事件(まさかりの部屋)
事件当時の報道から情報をまとめているページ。
事件の経緯をカレンダーでまとめてあり分かりやすい。また遺体の損壊についても考察している。