忍者ブログ

ヴァシリ・コマロフ

Vasili Komaroff
Terent'evich Vasily Petrov(こちらが本名らしい)

1921〜23年にかけて、ロシア・モスクワで起きた連続殺人事件の犯人。当時『モスクワの狼 (The wolf of Moscow)』として知られた。
少なくとも33人を殺害し、遺体は袋詰めにして遺棄していた。
1923年3月18日に逮捕され、同年6月18日に銃殺刑に処された。享年51。

<概要>
ヴァシリ・ペトロフは1877年にヴィーツェプスク(現在のベラルーシ)の労働者一家に生まれた。家族はアルコール依存症で、ペトロフも15歳で飲酒を始めた。
ロシア帝国軍で4年間兵役に就いた後、28歳で結婚した。
日露戦争時に大儲けしたが、極東へ旅行してすぐに浪費してしまった。その後、軍の倉庫に盗みに入って1年間投獄されたが、その間に妻がコレラで亡くなった。
出所後、ペトロフは子連れの女性ソフィアと再婚する。
彼は人当たりのよい人物であったが、酔っ払うと妻子に暴力を振るった。

1917年の十月革命の後、赤軍に加わったペトロフは白軍により捕虜にされた。解放後は裁判から逃れるため、ヴァシリ・コマロフを名乗るようになった。
1920年、コマロフはモスクワに移住し、馬の売買を生業にする一方、窃盗を重ねて盗品を売りさばいていた。

1921年2月、コマロフは最初の殺人を行った。被害者は男性で、値切られて激高したコマロフにハンマーで撲殺された。
以降、コマロフは次々と強盗目的の殺人を重ねるようになった。1921年に少なくとも17人、翌1922年には少なくとも12人を殺害している。
被害者は絞殺もしくは撲殺され、ローストチキンのように縛られて袋詰めされてゴミ捨て場や厩舎の裏に埋められた。
遺体が見つかるのは馬の競市が開かれる木曜日か土曜日で、警察は犯人としてコマロフをマークしていた。
そして1923年3月18日(17日?)、最後の犠牲者を殺害した直後にコマロフは逮捕された。

自供によると、コマロフが殺害したのは少なくとも33人(全て男性)に及んだ。いずれも強盗目的だったが、盗めた金は一件につき1ドルにも満たなかったという。
裁判で銃殺による死刑判決が下り、1923年6月18日に処刑された。
なお、彼の妻ソフィアも共犯により有罪となり、夫と同日に処刑されている。

<リンク>
Vasili KOMAROFF (Murderpedia 英語)
ヴァシリ・コマロフ(wikipedia ロシア語)

ジョン・ウェイン・ゲイシー

John Wayne Gacy

1972〜78年にかけて、米国イリノイ州シカゴで少なくとも33人を殺害した連続殺人犯。
事業で身を起こし、地元の名士としてチャリティー活動をする一方で、十代後半から二十代前半の青少年達を暴行して殺害した。
1978年に逮捕され、1980年に33件の殺人などの罪で死刑を宣告された。
1994年5月10日に薬物による死刑執行。享年52。

<概要>
ジョン・ウェイン・ゲイシーは1942年にイリノイ州シカゴのポーランド系移民の機械工の家庭に生まれた。
父親は厳格かつ高圧的で、一人息子であるゲイシーを肉体的、精神的に虐待した。
ゲイシーはパニック障害や心臓発作をたびたび起こし、治療のため高校を落第した。父親はそんな息子の状態を意に介さず、親の気を引きたいだけと笑ったという。

1962年、ゲイシーは父と口論してラスベガスへ家出をした。その後、葬儀屋でアルバイトをしていたが、三ヶ月が経った頃、母親が迎えに来てシカゴに戻った。
帰郷後、彼はビジネススクールに通い、靴のセールスマンとなった。ゲイシーは抜群の成績を上げ、若くしてエリアマネージャーとなった。
その一方で青年会議所でも優秀な販売実績を上げ、第一部長にも就任している。
1964年には実業家の娘と結婚し、義父の所有していたケンタッキーフライドチキンのフランチャイズ店の経営を任された。
ボランティア活動も精力的に行い、人望厚かった彼は青年会議所の次期会頭候補とまで言われるようになった。
父親に認められたいという一心による努力のたまものであった。

しかし、1968年、ゲイシーは少年への性的虐待で告発され、逮捕された。
彼の同性愛的傾向は靴のセールスマン時代からのものだった。初めて男性と関係を持った時は嫌悪感と恐怖に打ちのめされたゲイシーだったが、やがて自分の店で働くアルバイトの少年らに手を出すようになっていたのだ。
この一件でゲイシーは妻子も築き上げてきた地位も名声も一旦失った。服役中には父親も死去した。
一方で、収監中に高校卒業の資格を取り、大学の通信教育で心理学などの単位も取った。模範囚であった彼は懲役10年の判決にもかかわらず、たった16ヶ月で出所した。

1970年、ゲイシーは出所するも、わずか半年で再び少年への暴行容疑で逮捕された(ただし、この一件は不起訴となった)。その後、彼はパーティーなどで少年を漁るようになった。
その一方、彼は貯金をしながら新しい事業の計画を練り上げていた。1971年にはノーウッド・パーク近くに家を購入し、この家を拠点に室内装飾や増改築を行う会社を始めた。

そんな最中の1972年1月2日、ゲイシーは最初の殺人事件を起こす。
被害者は16歳の旅行中の少年だった。早朝、キッチンナイフを手にした被害者を見てパニックを起こした彼は、格闘の末に相手を刺殺してしまった。
少年はサンドイッチを調理中で、ナイフを持ったまま彼を起こそうとしただけだった。
混乱したゲイシーは遺体を床下に隠した。

敏腕セールスマンの腕前は健在だったようで、会社の経営はすぐに軌道に乗った。
1972年には高校からの知り合いである女性と結婚し、地元の名士として名を馳せるようになっていく。
休みの日にはピエロの『ポゴ』に扮して、福祉施設を訪れるなどチャリティー活動も積極的に行った。
地元の民主党のメンバーにもなり、当時の大統領夫人ロザリン・カーターと握手する写真も残されている。

二度目の殺人は1974年1月のことだった。被害者は身元不明の10代の少年で、首を絞めて殺害した。
1975年7月29日には三度目の事件を起こしている。被害者は17歳の少年で、会社のアルバイトだった。
遺体は自宅の床下に埋めた。

1976年2月、妻子が家を出ていき、3月には離婚が成立した。
以降、ゲイシーは常習的に少年達を殺害するようになる。
手口はおおよそのところ同じで、ポルノを見せると言って自宅地下室に連れ込み、手錠で拘束して脅迫しながら性的に暴行を加え、その後ゆっくりと絞殺するというものだ。
遺体の口に被害者自身の下着を詰めてから床下に埋葬し、その上に石灰や塩酸を撒いた。
ゲイシーはほぼ毎月のように凶行に及び、時には同じ日に二人を殺害したこともあった。
1976年に13人、翌77年には11人、逮捕された78年にも5人を殺害している。

ゲイシーが逮捕されたのは1978年12月のことだった。警察はかねてより彼に目を付けていたが、ゲイシーは自らの名声と法律知識を駆使してのらりくらりとかわし続けていた。
警察は麻薬不法所持の現行犯で彼を逮捕、自宅の強制捜査を行った。
ゲイシーの家は異様な臭気に覆われており、床下からは腐敗した29体の遺体が見つかった。
供述により、床下が遺体で一杯になったため、最後の被害者4人はデスプレーンズ川に捨てたことも明らかになった。
なお、見つかった遺体のうち、身元が判明しているのは25体のみである。現在も残る遺体の身元調査が続けられているという。
彼の被害者は現在判明している以外にもいると見られている。

1980年、ゲイシーは33件の殺人などの罪で死刑を宣告された。
1994年5月10日、薬物による死刑が執行された。この際、何か不手際があったらしく、ゲイシーは20分近く苦しんで絶命したという。
担当検事は「被害者の受けた苦痛に比べれば大したことはない」とコメントした。

<リンク>
John Wayne Gacy (Wikipedia En)

<ノンフィクション>
ゲイシーは超有名なシリアルキラーなので、FBI心理分析官とかいろんなところで扱われている。
その中でもちょっと特殊なのがこれ。

「連続殺人犯」の心理分析 ジェイソン・モス 講談社

筆者は少年時代に、ゲイシーを始めとして獄中にいる多くの連続殺人犯と文通していた。そのやりとりを載せているのが本書。
彼は獄中のゲイシーと面会し、殺されかけた。そのため『最後の犠牲者』として一躍有名になった。
なお、筆者は大変優秀で後に弁護士になったが、若くして自殺している。

<フィクション>
アメリカではピエロ恐怖症(Coulrophibia)というのが結構メジャーらしい。
その元凶の一つはおそらく本事件(ゲイシーはピエロの扮装を好んだことから『Killer Clown(殺人ピエロ)』と呼ばれた)である。ゲイシーの描いたピエロの自画像は高値で取引されている。
そして『凶悪なピエロ』のイメージを増幅させ、メジャーにしたのが、スティーブン・キングのITなんだとか。

IT スティーブン・キング 文春文庫

本書に出てくる不気味なピエロ・ペニーワイズはゲイシーをモデルにしていると言われている。

織原城二

2000年7月に起きた、いわゆる『ルーシー・ブラックマンさん事件』の犯人。
薬物を使って昏睡状態にした後に性的暴行、死亡した被害者をバラバラに切断し、神奈川県三浦市内の海岸にある洞窟内に遺棄した。
同年10月に別件の準強制わいせつ容疑で逮捕され、翌2001年1月にはまた別件の強姦致死容疑で再逮捕、同年2月に被害者の遺体が発見されて再逮捕された。
婦女暴行の被害者は少なくとも200人以上に上るとみられ、10人に対する準強姦罪とうち二人に対する準強姦致死罪で起訴された。
2007年に一審無期懲役判決、2008年に二審無期懲役判決、2010年に最高裁で上告棄却されて判決確定。

<概要>
織原城二(金聖鐘)は1952年、大阪で生まれた。両親は韓国人で、父親はタクシーや不動産で財産を築いた資産家だった。
両親は息子の教育に金を惜しまず、東京の高校・大学に進学、政治と法律を学んだ。
17歳の頃、父親が死去。20歳頃に日本に帰化した。

織原は30歳を過ぎた頃には家業を継いで成功した。資産を築く一方で、若い頃から婦女暴行を働いていた。
手口はまず被害女性を薬物を用いて昏睡させた後、暴行するというものだった。
彼は犯行の記録をノートに記し、ビデオなども撮影していた。
そして、1992年2月29日、織原は21歳のオーストラリア人女性を薬物中毒死させた。
1999年頃、織原は事業に失敗し、自宅や所有物件の差し押さえを受けた。
この頃までには自動車事故や盗撮などで罰金刑を受けていた他、性犯罪による逮捕歴もあった。

2000年7月1日、織原は六本木でホステスとして働いていた英国人女性を誘拐し、自宅で強姦後、死亡した彼女の遺体を損壊して神奈川県三浦市内の海岸洞窟に遺棄した。
翌月、被害者の家族が行方不明となった彼女の情報提供を呼びかけた。本事件はマスコミでも大きく取り上げられることとなった。
同年10月、織原は別件の準強制わいせつ容疑で逮捕され、自宅や所有物件の家宅捜索が行われた。
警察の捜査で織原の日記や犯行を記録したビデオが多数押収されたが、肝心の被害者への犯行の様子を映したものはなかったという。
ただし、部屋からは被害者の毛髪等が見つかっている。
2001年1月26日、1992年のオーストラリア人女性の事件で織原は再逮捕された。
同年2月、被害者の遺体が発見された。

織原は10人の女性に対する準強姦とうち二名に対する準強姦致死で起訴された。
強姦については概ね認めたものの、殺害については否認した。

2007年7月24日、一審で無期懲役。ただし2000年の殺人事件については証拠不十分で無罪。
2008年12月17日、二審でも無期懲役判決。一審で無罪だった件についても、わいせつ目的誘拐罪や死体損壊罪、死体遺棄罪などで有罪判決。
2010年12月8日、最高裁は上告棄却。判決確定。

<ノンフィクション>

刑事たちの挽歌―警視庁捜査一課「ルーシー事件」 高尾昌司 文春文庫

捜査に当たった刑事にスポットを当てた本。当時の捜査状況についてかなり詳細に描かれている。


黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実 リチャード・ロイド・パリー 早川書房

ザ・タイムズの東京支局長が書いたノンフィクション。被害者家族や友人、日本での交友関係についてよく取材してあり、読み応えあり。
ただ、事件そのものの記述より、外国人には現代日本(というか東京、もっと言えば六本木)がどう見えているかの方が興味深かった。

<リンク>
ルーシー・ブラックマンさん事件(wikipedia)
Joji Obara (wikipedia en)

ウ・ポムゴン

禹範坤

1982年4月26日から翌日にかけて、韓国・慶尚南道宜寧郡宮柳面で56人(諸説あり)を殺害した大量殺人犯。
もと海兵隊員の警官で、銃と手榴弾を使って次々と住民を殺害した。
犯行後に人質と共に手榴弾で自殺した。享年27。

<概要>
ウ・ポムゴンは1955年に全羅南道務安郡の貧しい家に生まれた。
海兵隊員として兵役を終えた後、1978年に警察官になった。その後京畿道やソウル市内の警察署に勤務し、青瓦台警備担当になるが勤務態度不良から事件の数ヶ月前に宜寧郡に転属した。

ウは事件発生時、女性と同棲していた。
1982年4月26日の夜、泥酔したウはこの女性と口論になり、宜寧警察署宮柳支署に戻ると更に酒を飲んで、武器庫からM2カービン銃2丁と実弾180発、手榴弾7発を持ち出した。
午後9時30分頃、彼はまず警察署近くの郵便局に押し入り、電話交換手三人を射殺した。これは外部との連絡を絶つためであった。事件発生が外部に伝わったのは、一時間後の午後10時40分頃だったという。
その後、ウは近隣の集落を次々に襲い、手当たり次第にカービン銃を乱射し、人が集まる場所に手榴弾を投げ込んだ。そして、爆発に驚いて飛び出てきた人々に銃弾を浴びせた。
凶行は翌日午前2時頃まで続いたが、到着した武装警官によってウは山に追い込まれた。
そして4月27日午前5時30分頃、追い詰められたウは人質三人を道連れに、手榴弾を使って自爆した。
被害者は死者56人、重軽傷者35人に上る(人数は諸説あり)。

なお、本事件は2011年のノルウェー連続テロ事件が起こるまで、単独犯では被害者数で世界最悪の事件だった。
ちなみに、本事件以前のトップは津山事件の都井睦雄である(現在でも世界5位)。

<リンク>
禹範坤(Wikipedia)

世田谷一家四人強盗殺人事件

東京都世田谷区で2000年12月30〜31日の深夜から未明にかけて起きた一家惨殺事件。
被害者はこの家の40代の夫妻とその子供二人の計四人。
警視庁による正式名称は『上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件』。
2015年12月現在も未解決。

<概要>
事件が起きたのは東京都世田谷区上祖師谷三丁目の閑静な住宅地だった。現場周辺は公園の立ち退き区域で、当時は被害者宅も含めて四軒(うち一棟には被害者の母親が住んでいた)しかなかった。

犯人が凶行に及んだのは2000年12月30日の午後11時頃と考えられている。
侵入経路は二階浴室の窓と見られているが、客として玄関から侵入した可能性もある。
犯人はまず二階の子供部屋で寝ていた長男(当時6歳)を手で首を絞めて絞殺した。
その後、異変に気付いて二階に上がってきた父親(当時44歳)を刺殺。彼の遺体は一階の階段下に倒れていた。
そして最後に、屋根裏部屋に寝ていた母親(当時41歳)と長女(当時8歳)をめった刺しにして刺殺した。最初は父親を刺殺したのと同じ包丁を使ったと考えられるが、包丁が折れてしまったため、被害者宅の包丁でとどめを刺されたと見られている。二人の遺体は二階階段の踊り場付近で見つかっており、母親が娘を手当てしたような痕跡も残っているという。
事件が発覚したのは31日の午前10時40分頃で、隣家に住む妻の母親が電話が通じないことを不審に思い訪問し、娘一家の遺体を発見した。

事件後、犯人は殺害の際に負った右手の傷を手当てし、被害者宅の冷蔵庫にあったアイスクリームやお茶、メロンなどを食べ、被害者のPCでインターネットに接続していた。
また戸棚や机などは荒らされ、預金通帳や免許証等が並べられていたという。浴室にも書類や領収書が散乱していた。
ネットの接続記録から、犯人は31日の午前1時頃までは被害者宅にいたと考えられている。しかし、翌朝午前10時頃にもパソコンの起動ログが残っており、犯人が事件発覚直前まで現場にいた可能性もある。

犯人の血液や服など遺留品や手がかりも多かったが、2015年現在も犯人逮捕には至っていない。
現在、犯人逮捕につながる有力な情報の提供に2000万円の懸賞金がかかっている。

<リンク>
上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件(警視庁)
世田谷一家殺害事件(Wikipedia)

<ノンフィクション>
超がつくほど有名な事件ゆえ、この事件を追った本は多い。が、ここでは被害者親族(妻の姉)が事件について書いた本書だけを紹介する。

この悲しみの意味を知ることができるなら―世田谷事件・喪失と再生の物語 入江杏 春秋社