忍者ブログ

モーゼス・シトレ

Moses Sithole

1994〜5年にかけて、南アフリカで少なくとも38人を殺害した連続殺人犯。
この事件はABC殺人事件(ABC Murders)としても知られている。
被害者は女性ばかりで、性的暴行を加えられた後に殺害されている。
1995年10月に逮捕され、1997年12月に裁判で懲役2410年を科せられた。
現在も収監中。

<概要>
モーゼス・シトレは1964年11月17日、南アフリカのヴォスルーラスの貧しい家に生まれた。
彼が5歳の時、父親が死んだ。母親は家族を見捨てて出て行ってしまったため、彼と兄弟達はその後三年を孤児院で過ごした。
シトレが後に語ったところによると、孤児院で虐待を受けていたという。しかし、アパルトヘイトの時代であるため、彼の幼年期についてはあまり情報がない。

十代になったシトレは強姦で逮捕され、懲役7年に処された。この時の刑務所での経験が、後に彼を連続殺人犯にしたらしい。

出所後のシトレは周囲の人々には温厚な人間に見えた。しかし、その一方で彼は犯行を重ねていた。
シトレは虐待された子供のための慈善団体を運営しているように装い、求人に応じた女性を人気のない草原に連れ出した。そこで女性を暴行し、下着で絞殺する、というのが彼の手口だった。
シトレは1994年から逮捕される1995年までに少なくとも38人を殺害した。
犯行はアッテリッジヴィル(Atteridgeville)から始まり、ボックスバーグ(Boksburg)、クリーブランド(Cleveland)でも行われたため、この事件はABC連続殺人事件と呼ばれた。

1995年8月、殺害を免れた被害者の一人の証言により、シトレが捜査線上に浮かんだ。警察の手が迫り、彼はすぐに姿を消した。
その年の10月、彼はジャーナリストに連絡を取り、自分が指名手配されている殺人犯だと明かした。彼はかつて刑務所に収監されていた時に受けた不正な扱いが犯行の動機だと語り、76人殺害したと主張した。そして犯人であるという証明のために遺体の一つの在処を示した。
警察はヨハネスブルグでシトレを追い詰め、銃撃の末に逮捕した。なお、治療のために連れて行かれた病院で、HIV感染が発覚した。

1997年12月5日、裁判によりシトレは38件の殺人にそれぞれ50年、40件の婦女暴行にそれぞれ12年、6件の強盗にそれぞれ5年の懲役刑を科された。
合計すると懲役2410年、仮釈放請求には少なくとも930年が必要だという。

2015年現在も収監中。

<リンク>
Moses Sithole (Wikipedia en)

日高広明

1996年4月から9月に広島県で起きた連続女性殺人事件の犯人。
被害者は援助交際をしていた高校生や売春婦4人。
殺害後、金銭を奪って遺体を遺棄した。
1996年9月21日に逮捕され、2002年に一審死刑判決。
2006年12月25日に死刑執行。享年44。

<概要>
日高広明は1962年、宮崎県の農家に生まれた。
高校生の頃までは成績も運動神経も良く将来を期待されていたが、受験に失敗して不本意な大学に入学して以降、コンプレックスを増幅させていった。
酒やギャンブルを覚え、大学を中退した日高は実家に帰るも、酒気帯び運転やひったくりなどを繰り返した。
1986年には強盗で逮捕され、二年の実刑判決を受けている。

1989年、出所した日高は広島県に移り、タクシー運転手となる。
酒と女で借金を重ねるが、1992年に結婚して借金を清算、それなりに幸せな生活を送った。
翌年には子供にも恵まれる。しかし、出産後に妻が精神を病み、日高は再び酒におぼれ借金を重ねるようになった。

1996年4月18日、日高は最初の事件を起こす。
被害者は16歳の少女で、日高は援助交際目的で彼女に声を掛けた。
ホテルに入ったものの、少女の身の上話に同情した日高は何もせずに金だけを渡した。
そして呉へと送ると約束して、タクシーに乗せた。
呉へと向かう途中、日高は少女の所持金を狙い、彼女の殺害を決意する。
人気のない道でタクシーを止めた日高は、少女をネクタイで絞殺し、現金5万円を奪った。遺体は広島市内に遺棄した。

少女の遺体は18日後に発見されたが、日高の周囲に警察が現れることはなかった。
このことに自信を得た日高は、次の事件を起こす。
8月13日、日高は一人目の被害者を拾った公園で23歳の女性に声を掛けた。
深夜ホテルを出た後、日高はタクシーを山中で止め、被害者を絞殺して現金約5万円を奪い、遺体を遺棄した。

9月7日、日高は三度目の犯行に及ぶ。
被害者は以前から顔見知りだった45歳の女性で、タクシーの車内で絞殺した。
所持金約8万円を奪った後、遺体を遺棄。
9月14日には四度目の事件を起こす。
被害者は32歳の女性で、深夜にホテルを出た後、やはりタクシー内で絞殺した。
彼女の遺体は数時間後に発見され、目撃証言から日高が浮かび、9月21日に逮捕された。

2002年に一審死刑判決。控訴はせず、死刑が確定。
2006年12月25日に死刑執行。享年44。

<ノンフィクション>

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 新潮45編集部 新潮文庫


<おまけ>
山崎紗也夏の漫画『サイレーン』に登場するタクシードライバーの連続殺人犯の元ネタは、恐らく日高と前上博(2005年に起きた自殺サイト殺人の犯人。白ソックスに性的興奮を覚えていた)だと思う。

タマラ・サムソノバ

Tamara Samsonova

2015年7月28日、ロシア・サンクトペテルブルクにて連続殺人事件の犯人として逮捕された女性。逮捕当時68歳。
被害者は少なくとも13人に上ると見られている。
マスコミは彼女を「切り裂きばあさん(Granny Ripper)」と呼んでいる。

タマラ・サムソノバは同居していた女性(79歳)を殺害し、遺体を切断して遺棄した容疑で逮捕された。
アパートの防犯カメラに、彼女が大きなゴミ袋を持ち出している映像が残っていた。
警察の捜査によると、彼女の日記には事件の詳細の他、オカルト信仰や人肉食にも言及があるという。
また、サムソノバはソビエト時代の有名な連続殺人犯アンドレイ・チカチーロにも強い興味を持っていたという。

続報が気になる事件。

<リンク>
ロシアで「切り裂きばあさん」逮捕 11人殺害か、人肉食の捜査も(CNN.co.jp)

佐川一政

1981年6月11日にフランスのパリで発生したいわゆるパリ人肉事件の犯人。
被害者のオランダ人女性を射殺し、暴行した後に遺体の一部を食べた。
遺体を遺棄しようとしたところを目撃され、6月15日に逮捕された。
心神喪失で不起訴処分となった後、日本に帰国して精神病院に入院した。
その後は作家やコメンテーターとして活動している。

<概要>
佐川一政は1949年、兵庫県神戸市の裕福な家庭に生まれた。
未熟児として生まれ、腸炎を患ったりと虚弱体質だった。
内向的な性格で子供の頃から文学を好んでいた一方で、人肉食への興味も抱いていたという。
とりわけ白人女性への興味が強かったようで、大学時代にはドイツ人女性宅に人肉食目的で不法侵入し逮捕されている(示談により告訴取り下げ)。

1976年に関西学園大学大学院を卒業した佐川は、翌1977年にフランスのパリ第三大学大学院に留学する。
1981年6月11日、佐川は友人のオランダ人女性留学生(当時25歳)を自宅で射殺した。
彼は遺体を陵辱した後、遺体を解体、写真を撮影して、ふとももや胸などの肉を切り取って食べた。
二日後、佐川は遺体をスーツケースに入れてブローニュの森に遺棄しようとしたが、その現場を目撃され、事件が発覚。佐川は逮捕された。

逮捕後、佐川は犯行を自供したが、精神鑑定により犯行当時心神喪失状態だったと判断され、不起訴処分となった。
その後、精神病院に措置入院となった。なお、この時に唐十郎と交わした手紙は後に小説としてまとめられた。
1984年、佐川は日本に帰国し、精神病院に入院した。
日本での診察の結果、佐川は精神病ではなく人格障害であり、刑事責任を問われるべきだとされた。
フランスでの取り調べの最中、子供の頃に患った腸炎を通訳が脳炎と取り違え、誤った判断がされたのではないかとも指摘された。
日本の警察も佐川の逮捕を検討したが、フランス警察が捜査資料の引き渡しを拒否したため、彼が逮捕されることはなかった。

15ヶ月の入院の後、佐川は退院して、マスコミに有名人として扱われるようになった。
しかし世論の反感は大きく、父親は経営していた会社を退職、母親は神経症を患ったという。
その一方、佐川本人は小説家やコメンテーターとして活動を続けた。
1989年の宮崎勤事件の際は、猟奇犯罪の解説者として多くのマスコミでもてはやされた。
しかし2000年頃には仕事も途絶え、金に困るようになっていた。
2005年には両親が相次いで死去するが、死に目にも会えず、葬儀にも参列出来なかったという。
現在も作家として活動しており、時折メディアに取り上げられることがある。

<リンク>
佐川一政オフィシャルウェブサイト

<小説>

完全版 佐川君からの手紙 唐十郎 河出文庫

佐川との文通を元に描かれた小説。第88回芥川賞受賞作品。
最近芸人が知名度先行で芥川賞を受賞したと批判されていたが、この賞が話題性を重視するのは昔からのこと。

長岡京殺人事件

1979年5月23日に京都府長岡京市で起きた未解決の殺人事件。京都長岡ワラビ採り殺人事件とも呼ばれる。
被害者は当時32歳と43歳の主婦二名。二人とも激しい暴行を受けていた。
1994年5月24日に公訴時効が成立。

<概要>
1979年5月23日、同じスーパーでパート仲間だった主婦二人が、パート帰りにワラビ取りへと向かった。
彼女らが向かったのは山菜採りやタケノコ狩りで地元ではよく知られた山だったが、奥に行くと人気がなく寂しい場所だった。
そこで二人は何者かに襲われた。
彼女らは全身を激しく殴打され、内臓破裂や肋骨数本が折れていた。また、性的暴行を受けた形跡もあった。
二人の遺体はアキレス腱を切られており、一人は絞殺、もう一人は刺殺されていた。遺体には包丁が突き刺さったままだった。
二日後の25日、二人の遺体は山頂付近で発見された。

遺体から検出された体液から犯人の血液型はO型と判明したが、指紋などは見つかっておらず、犯人に繋がる有力な手がかりは得られなかった。
なお、刺殺された女性のポケットから『オワレている たすけて下さい この男の人わるい人』と書かれた勤務先スーパーのレシートが見つかっている。
1994年5月24日に公訴時効が成立した。

ちなみに、この事件には後日談的な噂がある。
被害者二人と共にワラビ取りに行ったが先に下山したため難を逃れた第三の女性がおり、この事件の5年後に殺害されたという話だ。
出所不明の噂話である。

<リンク>
長岡京ワラビ採り殺人事件(事件史探求)