忍者ブログ

ハイルブロンの怪人

Heilbronner Phantom
Phantom of Heilbronn

1993年から2008年にかけてドイツ、オーストリア、フランスの犯罪現場で検出された同一のDNAの持ち主。
殺人現場や麻薬取引の現場など少なくとも40件の事件の現場から相次いで同一のDNAが検出されたため、国際的な連続重大事件の犯人として現地警察が捜査していた。
しかし、2009年になってDNA検査に使用している綿棒に混入していた従業員のDNAであったことが判明した。

<概要>
2007年5月25日、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州ハイルブロン市で22歳の女性警官が死亡、24歳の男性警官が重傷を負う事件が発生した。
この現場で採取されたDNAがドイツ各地の殺人事件や強盗事件の現場やフランスやオーストリアでも同一のDNAが発見された。
このことから警察は国際的な連続殺人として捜査を開始した。

最も古い事件は1993年にドイツで起きた殺人事件(DNA解析は2001年)で、以後2009年3月までに少なくとも40件の事件現場からこのDNAが発見されている。
DNA解析によると犯人は女性で、東欧やロシア出身者の可能性が高いとされた。
東欧の犯罪組織との関連や麻薬取引にも関わっているとされた。
2009年1月、ドイツ警察はこの『怪人』に30万ユーロの懸賞金をかけた。

しかし、2009年3月、フランスで難民男性の焼死体からも同じDNAが検出されるなど、おかしな事例が続出した。
調査すると、DNA採取に使用されていた綿棒に人間のDNAが混入していたことが発覚した。
続く調査で、問題のDNAは綿棒を納入していた業者(ドイツ語のwikiによればグライナーバイオワンらしい。ヨーロッパの世界的試薬メーカーである)の工場従業員のものだと分かった。
無論、彼女は事件とは無関係だった。
この綿棒は滅菌されていたが、人間のDNA検査に使用すべきものではなかったのだ。

ドイツの大衆紙はこの事件を「戦後のドイツ警察の歴史で最もお粗末」と批判したそうだ。

<リンク>
ハイルブロンの怪人(wikipedia)

スポンサーリンク