忍者ブログ

ウエストメンフィス3

West Memphis Three
1993年5月、米国アーカンソー州ウエストメンフィスで8歳の少年三人が殺害された事件で、犯人として逮捕された十代の少年三人を指す。
彼らは無実を訴えるも有罪判決を受け、死刑や終身刑といった重刑が科された。
しかし、ずさんな捜査と証拠不十分が明らかになったことや釈放を求める支援の甲斐もあり、三人は2011年に司法取引により釈放された。

<概要>
1993年5月5日、アーカンソー州ウエストメンフィスで8歳の少年三人が行方不明となった。
翌日、近くにある小川で三人の無残な遺体が発見された。
三人とも着衣は身につけておらず、手足は紐で拘束されていた。
体にはかなり手酷い暴行を受けた形跡があった。少年の一人は特に酷い暴行を受けたようで、体中に無数の刺し傷が残り、局部も損傷していた。
検視によれば、この少年だけは失血死、残る二人は溺死だった。
遺体発見時の異様な状況から、この事件は悪魔崇拝儀式によるものではないかと考えられた。

数日後、ダミアン・エコールズ(Damien Echols)、ジェイソン・ボールドウィン(Jason Baldwin)、ジェシー・ミスケリーJr.(Jessie Misskelley, Jr.)という16〜18歳の少年三人が犯人として逮捕された。
三人は万引きや暴力行為により逮捕された前歴があり、町では問題児扱いされて浮いた存在だったという。
特にエコールズは学校にもほとんど行かず、普段から黒いトレンチコートを着てヘビィメタルを好むなど風変わりだった上、オカルトにも傾倒していた。
逮捕前の取り調べに対し、三人は無罪を主張していた。また、彼らが犯人であるという確たる証拠もなかった。
しかし、厳しい尋問に耐えかねたジェシーが自白をし、残る二人も逮捕されることとなった。
警察はエコールズが主犯で、三人は悪魔崇拝儀式の生け贄として少年達を殺したものだとした。

1994年、裁判が始まり、三人は揃って無罪を主張した。
裁判の中で、ジェシーの自白は様々な矛盾を含んでいることや、遺体や現場から見つかった証拠とも矛盾していることが示された。
しかし判決は有罪となり、エコールズは死刑、ボールドウィンは終身刑、ジェシーは無期懲役にプラス40年がそれぞれに科された。

この事件は全米で注目を浴び、三人は「ウエストメンフィス3」と呼ばれ、多くの支援者を集めることとなった。
支援者の中にはジョニー・デップやメタリカなど著名人も多く含まれている。
支援者らによる検証の結果、警察の捜査がずさんで証拠を紛失していることや目撃証言に信頼性がないことなどが明らかになり、別に犯人が存在するという新たな証拠も得られた。
2011年、三人は有罪であることを認める司法取引により釈放された。
三人が無罪であると主張し、なおかつ新たな証拠もあるのにこの司法取引に応じた理由は、エコールズの死刑執行が迫っていたという事情があった。
なお、司法取引の内容には州当局を訴えないという条項があったともいわれる。

<映画>

Paradise Lost 3: Purgatory [DVD] [Import]

この事件を追ったドキュメンタリー映画『パラダイス・ロスト』シリーズがパート3まで製作されている。
アメリカではこの事件への関心は未だに高く、2012年には『West of Memphis』というドキュメンタリー映画も公開されている。

ウエスト・オブ・メンフィス 自由への闘い (字幕版)


また同名のノンフィクションを原作とした映画『Devil's Knot(デビルズノット)』がアメリカで2014年公開(日本でも2014年11月に公開)。
主演はリース・ウィザースプーン(被害者の一人の母親役らしい)。
日本語公式サイトはこちら

<リンク>
ウエスト・メンフィス3事件(wikipedia)
かなり詳しい。英語版に掲載されている内容はほぼ網羅している。
しかし、英語版との編集方針の違いにより、ちょっと残念なことになっている。

スポンサーリンク