忍者ブログ

吉田純子・堤美由紀・石井ヒト美・池上和子

2002年に発覚した福岡久留米看護師連続保険金殺人の犯人グループ。
四人は看護師で、医学知識を悪用して保険金殺人を企てた。
1998年に池上の夫を、その翌年には石井の夫を殺害し、保険金を詐取した。
主犯は吉田で、他三人は彼女の言うなりで犯行に荷担した。
2004年の一審で吉田に死刑判決、堤に無期懲役、石井に懲役17年の判決。
池上は判決前に拘置所で病死。子宮ガンだった。
三人は控訴したが棄却され、堤、石井の刑は確定。
2010年、最高裁で吉田の死刑が確定した。



<概要>
四人は同じ看護師学校の同窓生で、学生時代からの顔見知りだった。
吉田純子は福岡の貧しい家庭の生まれで金銭欲が強く、十代の頃から周囲の人間を言葉巧みに操り、金を巻き上げていた。
堤美由紀・石井ヒト美・池上和子はそんな彼女の詐欺のターゲットとなり金を搾り取られた挙げ句、共犯として犯罪に荷担させられるようになった。
彼女らは事件後に吉田と同じマンションにそれぞれ部屋を購入しており、召使いのように扱われていたという。

三人の中で吉田と一番深い関係にあったのは堤で、レズビアン関係にあったという。
吉田と堤は同じ病院に勤務していたが、二人が急接近したきっかけは、堤が男性関係のトラブルを吉田に相談したことだった。
吉田は架空の「先生」をでっち上げ、彼にトラブル解決を依頼するという名目で堤から金を詐取した。
そしてその後も自分の後ろにいる「先生」をことあるごとにちらつかせ、堤を従属させていった。
堤を従属させた吉田は、肉体関係まで迫るようになった。

なお、他二人に対しても、吉田は堤の時とほぼ同じような手口で近づいている。
吉田は夫婦関係に悩んでいた二人に対し、偽のトラブルをでっち上げ、その解決を「先生」に依頼するという形で金を巻き上げ、更に恩を売ることで取り巻きとして以降の犯罪に荷担させた。

吉田は他の三人や同僚から多額の金を詐取していたが、贅沢な生活と借金返済のためになお多額の金を必要としていた。
1998年1月23日、四人は最初の殺人を実行する。
被害者は池上の夫だった。
吉田は池上に、夫が妻子の殺害を計画していると思い込ませた。
池上はそれ以前にも夫の女性関係のトラブルを吉田に「解決」してもらっていたため、夫が自らと子供達を殺そうとしていると思い込んでしまった。
四人は当初、被害者の食事に睡眠薬とカリウム製剤を盛って殺そうと考えた。
しかし、被害者の体調に変化は現れなかった。
カリウム製剤を注射し、殺害する計画を立てた。
計画は1月21日に実行された。しかし、この時は途中で被害者が目を覚ますなどして失敗する。
1月23日、四人は再度計画を実行する。
妻の盛った睡眠薬と酒により眠っていた被害者に、四人はカリウム製剤と空気を注入した。
被害者は死亡し、保険金3450万円が支払われた。そのほとんどは吉田の手に渡った。
池上は子供達を養護施設に預け、吉田の下で暮らすこととなった。

第二の事件は1999年3月27日に起きた。
被害者は石井の夫だった。
吉田は石井に夫が金銭トラブルを抱えていると吹き込み、保険金で解決するしかないと思い込ませた。
手口は第一の事件と類似しているが、今回はカリウム製剤は使っていない。
被害者は妻に盛られた睡眠薬と酒で眠らされ、チューブを使って胃に直接酒を流し込まれた。
急性アルコール中毒による死亡を狙ったものだったが、被害者はなかなか死に至らず、業を煮やした吉田は空気注射を指示した。
容態の急変した被害者は救急車で運ばれ、病院で息を引き取った。
保険金3300万円や被害者の退職金は、やはりほとんどが吉田の手に渡った。

事件の発覚のきっかけは、2001年8月、石井が警察に吉田からの脅迫を相談したことだった。
彼女はその前年にも堤の母親殺害の実行犯をやらされており(この事件は未遂に終わっている)、多額の金を要求された挙げ句、子供達を手放すよう言われ、精神的に限界に来ていた。
彼女は当初、夫殺害について伏せていたが、この一件をきっかけに警察は吉田らの周辺を捜査し始めた。
そして2002年4月17日、吉田と堤は同僚への詐欺で、池上は石井への脅迫により逮捕された。
また石井も夫殺害の容疑で逮捕された。
その後、捜査の中で一連の事件が明らかになった。
吉田に死刑判決、堤に無期懲役、石井に懲役17年の判決が下りた。池上は判決前に子宮ガンにて病死した。

2016年3月25日、吉田純子の死刑が執行された。享年56。
戦後5人目の女性死刑囚への死刑執行であった。

<ノンフィクション>

黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人 森功 新潮文庫

吉田を中心に、四人の出会いから逮捕までを描いたノンフィクション。
逮捕されてからも食事係の女性を手なずけてこっそり手紙を渡そうとするなど、彼女のメンタルの強さやしたたかさは並じゃない。
もっとも、人並みの人物がこのような事件を起こすはずもないのだが。
読んでいて思ったが、他三人を従わせる吉田は2002年頃に起きた北九州一家監禁事件の松永太埼玉愛犬家連続殺人事件の関根元を思わせる。
なお、この本で妙に印象に残っているのは吉田と堤のレズビアン関係の箇所。
堤が書いた書簡を元にしたという二人のレズビアン描写はいささか気持ち悪かった。

<テレビドラマ>
ドラマスペシャル 黒い看護婦
2015年2月13日、フジテレビ系列で放映されたテレビドラマ。
上述のノンフィクションが原作だが、登場人物の名前や設定はアレンジされていた。
吉田純子を演じるのは大竹しのぶで、堤は寺島しのぶ、池上は木村多江、石井は坂井真紀。
(キャストだけ見て木村多江が堤役だと思い込んでいた。どうしてだろう?)
大竹しのぶはさすがの演技。結構面白いドラマだった。

<類似の事件>
埼玉本庄保険金殺人事件(八木茂/武まゆみ/アナリエ・サトウ・カワムラ/森田考子)
愛人達と結婚した男性3人に保険金をかけ、自殺や事故に見せかけて殺害。保険金を搾取した。

日高安政・信子

1984年5月5日に北海道夕張市で起きた保険金詐取目的の放火殺人における首謀者。
炭鉱下請け会社を経営していたが、従業員に宿舎への放火を依頼、火災により従業員4人とその子供2人が死亡した。
実行犯の自首により犯行が露呈。
1987年に夫婦共に死刑判決を受け(実行犯は無期懲役)、1997年に執行された。

<概要>
暴力団日高組の組長日高安政とその妻信子は、夕張炭鉱への労働者派遣を請け負う下請け会社を経営していた。
1981年の北炭夕張新炭鉱ガス突出事故の発生により、派遣従業員の半数を失うも、多額の保険金を受け取った。
夫妻はこの大金を自宅の新築や豪遊などであっという間に浪費してしまったという。
しかし、事故により夕張の炭鉱業は一気に衰退、夫妻は一転困窮した。
以前の事故で味をしめた2人は保険金詐欺を計画、従業員の石川清を共犯に引き込んだ。

1984年5月5日、日高工業の宿舎で火災が発生し、宿舎内にいた従業員4人とその子供2人が焼死した。
また、消火作業に当たった消防士も1人殉職した。
当初この火災は事故と判断され、日高夫妻は火災保険金及び死亡保険金として約1億3千万円を受け取った。

しかし、同年8月15日、放火の実行犯であった石川(彼自身も火災で重傷を負っている)が分け前の少なさや口封じへの恐怖から警察に自首、事件が発覚した。
8月19日、夫妻は逮捕された。

1987年、一審の札幌地裁は日高夫妻に死刑を、石川に無期懲役の判決を下した。
3人は控訴するも、昭和天皇崩御による恩赦を狙って控訴を取り下げた。
しかし、恩赦は行われなかった。
2人は控訴審の再開を申請するも受け入れられることはなかった。
1997年8月1日、日高夫妻は同日に死刑に処された。

<リンク>
夕張保険金殺人事件(Wikipedia)
夕張保険金殺人事件を探る! 日高商事と青葉町の夕暮(札幌心霊切り込み隊)
日高夫妻の自宅兼会社事務所は現在も廃墟として残っているらしい。
このページでその様子が見られる。

<ノンフィクション>

日本凶悪犯罪大全 SPECIAL 犯罪事件研究倶楽部 イースト・プレス

八木茂/武まゆみ/アナリエ・サトウ・カワムラ/森田考子

1999年に発覚した埼玉本庄保険金殺人事件の犯人。
1995〜1999年にかけ、男性三人に保険金をかけて殺害、自殺や事故に見せかけて、保険金を搾取した。
主犯は八木茂で、残る三人は八木の指示の下、被害者との偽装結婚と殺人及びその証拠隠滅、保険金の受け取りをしていた。
2000年に逮捕され、2008年には最高裁で八木の死刑が確定した(現在も再審請求中)。
また、共犯の武まゆみには無期懲役、アナリエ・サトウ・カワムラには懲役15年、森田考子には懲役12年が確定している(いずれも一審で判決確定)。

<概要>
八木茂は金融業を営む傍ら、埼玉県本庄市で飲食店を営んでいた。
武まゆみ、アナリエ・サトウ・カワムラ、森田考子の三人はこの飲食店のホステスで、八木の愛人でもあった。
八木は常連客の男性と愛人達を偽装結婚させ、保険金を搾取することを計画した。

最初の事件は1995年に起きた。
被害者は当時45歳の男性で、アナリエ・サトウ・カワムラの夫だった。
6月3日、被害者はトリカブト入りのあんパンを食べさせられて殺害され、遺体は利根川に遺棄された。
八木らはアリバイ工作や遺書の偽装を行い、彼の死を自殺と見せかけた。
彼らの目論見通りにことは進み、保険金三億円が受取人のアナリエへと支払われた。

第二、第三の事件は1999年に起きた。
一人は当時39歳の男性で、前回と同じく、アナリエ・サトウ・カワムラの夫だった。
もう一人は当時61歳の男性で、森田考子の夫であった。
彼らは数ヶ月に渡って高濃度のアルコールと大量の風邪薬を繰り返し飲まされ、薬の副作用により急性の肝障害や抵抗力低下などの障害を負わされた。
5月29日、森田の夫だった男性が肺炎等で死亡した。彼には妻を受取人とする生命保険1億7千万円がかけられていた。
その翌日にはもう一人の男性が体調不良で入院、一時重体に陥った。彼にも生命保険9億円がかけられていた。
こちらの男性はその後回復し、自分は殺されかけた、他にも殺された人がいると警察やマスコミに訴えた。
警察は亡くなった男性について捜査を開始、司法解剖を行った。

手がかりの少なさや人間関係の複雑さから、捜査は難航した。
夏頃にはマスコミが大きく報道するようになったが、八木は自分の店で記者会見を開き、自らの潔白を主張した。
なおこの会見は有料で、回数にして200回以上も行われたという。
会見の最中に起きた取材陣への暴力や、暴漢の侵入といった異様な状況もあって、この『疑惑』はかなりセンセーショナルに報道された。
しかし翌2000年、ついに四人は逮捕された。
八木自身は無罪を主張したが、共犯だった女性三人は犯行を認め、自供をした。
武まゆみには無期懲役、アナリエ・サトウ・カワムラには懲役15年、森田考子には懲役12年の判決。
2008年、最高裁は八木に死刑判決を下した。
彼は現在も無実を主張し、再審請求を行っている。

<リンク>
本庄事件弁護団
八木の弁護団によるウェブサイト。共犯らの証言は捜査の中で作られた『偽りの記憶』だと訴えている。
偽りの記憶―「本庄保険金殺人事件」の真相という本も出している。
なお、彼らは専門家らの鑑定から、第一の事件は溺死であると主張している。
2013年12月11日、東京高裁は保管された被害者の臓器を再鑑定すると決定した(週刊金曜日ニュース)。

本庄保険金殺人 八木茂被告の死刑確定 オフイス・マツナガのブログ!
本事件を取材した記者によるブログ記事。
第二の事件で殺されかけた男性が駆け込んだ先がこのブログ主のボスだったらしい。事件取材の裏側が垣間見えて面白い記事だった。


<類似の事件>
暴力団組長夫妻(日高安政・信子)による保険金詐取目的の放火殺人事件
従業員に自社の宿舎への放火を依頼、火災により従業員4人とその子供2人が死亡した事件。
福岡久留米看護師連続保険金殺人(吉田純子・堤美由紀・石井ヒト美・池上和子)
看護師4人が自身の夫をターゲットに、医学知識を悪用して保険金殺人を企てた事件。