忍者ブログ

アリエル・カストロ

Ariel Castro
オハイオ州クリーブランドで2013年5月6日に発覚した女性誘拐監禁事件の犯人。
2002年から2004年にかけて三人の女性を誘拐し、監禁して暴行していた。
被害者のうち一人は監禁中に彼の子供を出産、生まれた娘は救出された時には6歳になっていた。
2013年7月26日、誘拐や暴行などの937の罪により釈放なしの終身刑および1000年の禁固が言い渡された。
2013年9月3日、刑務所内で自殺した。

<概要>
カストロはプエルトリコ移民の二世で9人兄弟の一人だった。
1991年からスクールバスの運転手として勤務していた。
結婚後、1992年には後に犯行現場となる自宅を購入した。
カストロは近隣住民にはおおむね評判が良かったが、妻には暴力をふるった。
1996年、妻は四人の子供を連れて家を出ている。
その後も彼はこの元妻に脅迫を続けていたという。

最初の犯行は2002年8月22日に行われた。被害者は当時21歳だった。
彼女の失踪は息子の養育権を失った失望と怒りによるものと考えられ、全米犯罪情報センターから事件に関するデータは削除された。
なお監禁中、彼女は少なくとも5回妊娠したが、カストロは彼女の腹部を殴るなどして流産させた。

二度目の事件は2003年4月2日に起きた。
被害者は17歳の誕生日を翌日に控えた少女だった。
彼女は仕事帰りに家族に電話した後、姿を消した。
監禁中、カストロの娘を出産したのが彼女である。
彼女の失踪事件はテレビ番組で取り上げられるなどしたが、結局2013年まで彼女は見つからなかった。
なお、彼女の母親は霊能力者に捜索を依頼したが、娘は既に死んでいると言われたという。
この母親はその後も娘の行方を捜し続けたが、2006年に死去した。

最後の事件は2004年4月2日に起きた。
三人目の被害者は誘拐当時14歳で、彼女とカストロの娘は友人だった。
この事件は前述の二つ目の事件との関連が疑われ、大々的に捜査されていた。
カストロも捜索活動に参加していたという。

事件の発覚は2013年5月6日のことだった。
二人目の被害者が助けを求めて大声を上げた。気付いた近隣住民がドアを蹴破り、彼女と娘を救助した。
通報を受けた警察により他二名も保護された。
警察はカストロと彼の兄弟二人を逮捕した(兄弟については後に無関係と判明し、釈放された)。

2013年7月26日、誘拐や暴行などの937の罪により釈放なしの終身刑および1000年の禁固が言い渡された。
当初、検察は死刑を求刑するとみられていた。
カストロは司法取引に応じ、罪を認める代わりに死刑を免れた。
2013年9月3日、刑務所内で首つり自殺した。

<リンク>
Ariel Castro kidnappings (Wikipedia en)


<類似の事件>
キャメロン・フッカー
1977年、オレゴン州でヒッチハイク中の女性を誘拐、以後7年にわたり監禁して暴行を加えていた。
フィリップ・ガリドー/ナンシー・ガリドー
1991年に少女を誘拐し、19年間監禁した夫妻。2009年に被害者は当時11歳と15歳の娘二人と共に救出された。

スポンサーリンク