忍者ブログ

関光彦

1992年3月5日に千葉県市川市で起きた一家4人殺害事件の犯人。
以前強姦した少女の自宅に強盗目的で侵入し、少女の両親、祖母、妹の4人を殺害した。
犯行当時19歳であったが、2001年12月に最高裁で死刑判決が確定。
少年の死刑確定は永山則夫以来のことだった。



<概要>
関光彦は1973年に生まれた。父親は金にだらしなく、暴力的な男だった。
母方の祖父は鰻店の経営により裕福だったが、父親の借金により財産のほぼ全てを失った。
両親が離婚し、祖父からも見放された関は貧乏な少年時代を送った。

中学生になった頃から、関は母や弟に暴力を振るうようになった。
恐喝や飲酒など繰り返すようにもなり、進学したものの高校は二年次に退学した。
その後、祖父の鰻屋で働くようになったが、金を盗んだ挙げ句に咎めた祖父を蹴って失明させた。

18歳の時、関はフィリピン人女性と結婚した。しかし彼女はすぐに母国へと帰ってしまった。
その翌年の1992年2月、行きつけのフィリピンパブのホステスを無理矢理連れ出したことでヤクザとトラブルになった。
この直後の2月11日、関は東京都中野区で24歳の女性を暴行している。
更にその翌日12日の夜、関は買い物帰りの15歳の少女が乗った自転車に車をぶつけ、介抱するふりをして少女を自宅に連れ帰り暴行した。
関は少女の生徒手帳の名前と住所を書き写し、口止めした。

3月5日、ヤクザに200万円の慰謝料を払うよう脅された関は、金策のために先日襲った少女の家に強盗に入ることを思いついた。
午後5時頃、事前に電話して留守を確認した関は、少女の家に押し入った。
しかし、家では少女の祖母が留守番をしていた。
通帳を出すように脅したものの、彼女は拒否して警察に通報しようとした。
激高した関は彼女を配線コードで絞殺した。
金品を漁っていると、少女と母親が帰宅した。関は母親を刺殺すると、関は少女に遺体の片付けを命じた。
目の前で母親を惨殺され、少女は恐怖のまま、関に従った。
やがて少女の4歳の妹が保母に付き添われて帰宅したが、関は彼女を祖母が倒れている別室に追いやった。
そして気分転換と称して少女を暴行した。
午後9時頃、父親が帰宅した。関は彼の背中を包丁で刺し、通帳の在処を聞き出した。
通帳は父親の会社にあるという。関は少女に電話をかけさせ、少女を連れ出した。
会社では、様子のおかしい少女に父親の同僚達が声をかけたという。しかし、少女は大丈夫だと言って通帳と印鑑を持って去って行った。

そして朝方、少女の家に昨夜の同僚から電話があった。関は電話を無理矢理切ると少女を怒鳴った。
すると、怯えた妹が泣き始めた。腹を立てた関は妹の背中に包丁を突き立てた。
関は少女に、苦しむ妹にとどめを刺すように言った。しかし、少女は動けなかったため、関は妹の首を絞めた。
妹まで殺された少女は、ここで初めて関に逆らった。しかし逆に腕や背中を切りつけられてしまった。
少女までもが殺されそうになった瞬間、家に警察が突入した。
すんでの所で少女は救出され、関は現行犯で逮捕された。

犯行当時、関はまだ19歳の未成年だった。そのため彼は自分が大した罪には問われないと考えていたという。
しかし、1994年8月8日、一審で死刑判決が下った。
1996年7月2日には、二審でも死刑判決。
2001年12月3日、最高裁は上告を棄却し、死刑判決が確定した。
少年犯罪に死刑判決が出たのは永山則夫以来のことだった。
なお2014年現在、死刑は執行されていない。現在も再審申請中らしい。

<ノンフィクション>

19歳―一家四人惨殺犯の告白 永瀬隼介 角川文庫

インタビューと往復書簡が元になったノンフィクション。

<日本で起きた一家殺害事件>
朝倉幸治郎
1983年6月27日にかけて東京都練馬区で起きた一家惨殺事件の犯人。
不動産競売を巡るトラブルから子供三人を含む一家五人を殺害、遺体をバラバラにした。
原平
2005年2月27日、岐阜県中津川市で発生した一家六人殺傷事件の犯人。
自宅において母、長男、長女、孫二人(長女の子供)を絞殺した後、娘婿を刺傷した。

エリオット・ロジャー

Elliot Oliver Robertson Rodger

2014年5月23日、米国カリフォルニア州アイラビスタで起きた銃乱射事件の犯人。
6人を殺害、13人を傷害した後、自殺した。
享年22歳。

<概要>
エリオット・ロジャーは英国ロンドンで映画制作に関わる父親(映画『ハンガーゲーム』の助監督を務めたこともある)とマレーシア人の母親の間に生まれた。
5歳の時に米国ロサンゼルスに移住する。
その後両親は離婚、妹と共に母方に引き取られたが、金銭的には恵まれていた。

ロジャーは幼少期から内向的で対人関係に問題があり、カウンセリングに通っていた。
事件を起こす前には統合失調症の薬を服用するように勧められていたが、彼は拒否したという。
一方、彼はいじめられたり女性と上手くいかなかったりしたことで鬱屈を募らせていた。
カップルや気にくわない女性グループに対して暴力沙汰を起こすこともしばしばだった。

2012年頃には犯行の準備を始め、計画文書を書いたり銃器類を購入したりしていた。
またYouTubeに犯行を予告するような動画を投稿し、自宅まで保安官が尋ねたこともあったという。

2014年5月23日、ロジャーは犯行予告動画をアップし、犯行声明ともいえる長い文書を両親やソーシャルワーカーなどに送信した後、行動を起こした。
彼はまず同じアパートの男性3人を刺殺し、その後、BMWで別の女子寮前まで移動して銃を乱射。
撃たれた女子大学生2人と男子大学生1人は死亡した。
彼はその後も市内の道路を走りながら銃撃や衝突を繰り返し、13人を負傷させた。
最終的に、彼の乗った車は停車中の車にぶつかり停止した。
ロジャーは自らの頭を撃って自殺した。

<リンク>
YouTubeのチャンネル
ロジャーが投稿した動画はここで見られる。
"My Twisted World" manifesto(英語)
犯行声明。生まれてから犯行に至るまでの経緯が事細かく書かれている。これがまた恐ろしく長文。
曰く、自分は白人のブロンド美女と交際したいのに、相手にもされない。なのに、自分より劣っているはずのヒスパニックや黒人相手に股を開いている。許せない。
要するに、童貞をこじらせた非リア充の逆恨みである。
2chのスレに一部だが翻訳あり。
これを見るだけでも人物像と犯行動機は大体分かると思う。

朝倉幸治郎

1983年6月27日から28日にかけて東京都練馬区で起きた一家惨殺事件の犯人。
不動産競売を巡るトラブルから子供三人を含む一家五人を殺害、遺体をバラバラにした。
現行犯逮捕され、1996年に死刑確定。2001年に処刑された。享年66歳。

<概要>
朝倉幸治郎は1935年、秋田県で会社経営者の父親の元に生まれた。
20代半ばで父親が死亡。
遺産相続を巡り兄弟で争い、1961年には弟への殺人未遂で逮捕された。
懲役三年の服役を終えた後、妻子と共に東京に移り、不動産鑑定士の職を得た。

1983年2月、独立した朝倉は練馬の競売物件を約1億円で落札した。
購入費用は銀行からの借り入れでまかない、転売先も決まったが、当該物件に住む賃借人一家が立ち退きに応じなかった。
旧地権者は一家の妻の父親で、一家は立ち退き料のつり上げを狙い、建物の占有を続けていた。
立ち退き交渉が進まない上、多額の金利負担と転売先への引き渡し期限(6月30日)が近づき、朝倉は精神的に追い詰められていった。
そして、彼は賃借人一家の殺害を決意した。

6月27日の午後、朝倉は立ち退き交渉と偽り、賃借人宅に入り込んだ。
そして賃借人の妻と1歳の次男、6歳の三女を撲殺した。その後、小学校から帰宅した9歳の次女を絞殺した。
遺体は浴室に運び、リビングなどに飛び散った血を掃除した。
午後9時半頃、朝倉は帰宅した賃借人をリビングで出迎え、腹部を殴り、マサカリで首を切りつけて殺害した。
遺体は他の被害者同様に浴室へと運び、バスタブの中に積み上げた。
翌朝、朝倉は持参してきたノコギリや電動肉挽き器を家の中に運び込み、賃借人の遺体をバラバラにした。
妻子の遺体も同じように処理しようとしたが、刃先が欠けるなどしてうまくいかなかった。
午前9時頃、隣家の主婦の通報により駆けつけた警官により、朝倉はあっさりと現行犯逮捕された。

1996年11月、最高裁で死刑が確定。
2001年12月27日、東京拘置所において死刑が執行された。
享年66歳。

なお、一家のうち林間学校に行っていた長女だけが生き残った。

<リンク>
練馬一家5人殺人事件の現場を歩く(月刊『記録』)
練馬・一家5人惨殺事件

<類似の事件>
関光彦
1992年3月5日に千葉県市川市で起きた一家4人殺害事件の犯人。犯行当時19歳。
以前強姦した少女の自宅に強盗目的で侵入し、少女の両親、祖母、妹の4人を殺害した。
保見光成
2013年7月21〜22日にかけて山口県周南市で起きた連続放火殺人事件の犯人。
8世帯12人しかいない小さな集落で近隣住人5人を殺害し、2軒に放火した。

都井睦雄

都井睦雄
<概要>
1938年5月21日に発生した津山事件(津山三十人殺し)の犯人。
一晩で30人を殺害、3人が重軽傷を負った。
犯行後、自殺。
1982年の禹範坤の事件が発生するまでは、世界最大の大量殺人事件だった。

<リンク>
津山三十人殺し(無限回廊)
事件を時系列で記述しており、遺書も全文掲載している。
この事件を扱ったサイトは山ほどあるが、ここが一番読みやすいと思う。

『もはや夜明けも近づいた、死にましょう。』
これは都井の自殺現場にあったメモの最後の一節だが、いつ読んでも妙に切なくなる。

なお、2chのオカルト板にはこの事件の専用スレが存在する。
過去スレには地元の事情とか現地に行った人の報告もあったが、最近は……

<ノンフィクション>

闇に駆ける猟銃 松本清張 中公文庫『ミステリーの系譜』収録


津山三十人殺し 日本犯罪史上空前の惨劇 筑波昭 新潮文庫

この二冊が超有名。事件について知りたければ必読。特に後者は俗に『筑波本』と呼ばれる基本書。


津山三十人殺し 七十六年目の真実: 空前絶後の惨劇と抹殺された記録 石川清 学研パブリッシング

2014年2月に発売されたもの。
2011年に同著者が発表した津山三十人殺し 最後の真相(ミリオン出版)の続編ともいえる一冊。
著者は司法省刑事局が作成した『津山事件報告書』を入手し、事件の真相について考察を進めている。
松本清張や筑波昭はこの報告書を読んでいたが、その後この報告書は廃棄されてしまい、幻となっていた。筑波本が基本書とされる所以である。
著者はこの報告書の写しをアメリカで入手したという。

この本によれば、都井と祖母には直接の血縁関係がないと考えられるという。
都井の祖母はおそらく後妻で、自分の子供を持たなかった。都井の父は出生年からして前妻の子と考えられるそうだ。
これだけでもかなりの驚き。祖母と都井の関係が事件にどのように影響したのか、これまでとは違った見方ができる。
他にも都井一族における睦夫の立ち位置、事件の動機にもなった『ロウガイスジ』の意味、遺書でも触れられたある女性にまつわる謎など、大変読み応えがある。
津山事件に興味があれば是非一読を勧める。

ところでこの本で驚いたのは、著者が指摘する筑波本の誤りについてだ。
都井が小説を書いていたことや、阿倍定に興味を持っていたというくだりは筑波氏の捏造だというのだ。
その他にも筑波氏は事実に基づかない記述をいくつもしているようだ。
この件については『事件関係ブログ』の管理人氏の本でも検証されている。

津山事件の真実

石川氏とはまた別ルート(でもやっぱりアメリカ)で事件報告書を発掘し、筑波本の矛盾を考察している。
こちらもお勧め。

<小説>
かの有名な八つ墓村をはじめ、この事件を元にしたフィクションは数多いが、印象に残ってるのはこれ。

夜啼きの森 岩井志麻子 角川ホラー文庫

因習に満ちた田舎の閉鎖社会の描写が上手い。
実際の事件の経過に割と忠実なので、事件の概要を理解した上で読むと更に恐い。

原平

原 平(はら たいら)
2005年2月27日、岐阜県中津川市で発生した一家六人殺傷事件の犯人。
自宅において母、長男、長女、孫二人(長女の子供)を絞殺した後、娘婿を刺傷した。
犯行後、自殺を図るも通報を受けた警察に発見され逮捕された。
求刑は死刑だったが、一審・二審とも無期懲役の判決だった。
2012年、最高裁は上告を棄却し、無期懲役が確定した。

<概要>
原は幼い頃から母親との確執を抱えていた。
母親は気が強く行動的な女性で、少しでも気に入らないことがあるとヒステリックに騒いだという。
成人した原は実家を出て、レントゲン技師として働いた。
真面目な原は長く病院勤務を続け、事件前には老人福祉施設で事務長を務めるまでになった。
私生活でも結婚して子供も生まれ、中津川に一軒家を構えた。

1999年、原は痴呆症の出てきた母親を自宅に引き取った。
しかし、その直後から妻と母親との間に激しい諍いが始まったという。
母親は物がなくなったと騒いだり、浴槽内で大便をするなどしたりした。
原は母親を諫めたが、その行動はエスカレートし、ついにはよその人間にも迷惑をかけるようになった。
自身も持病が悪化するなどし、原は徐々に追い詰められていった。

そして2005年2月27日、ついに原は行動を起こした。
早朝、彼は旅行に出かける妻を見送った後、勤めていた福祉施設に顔を出し、自宅に帰ってまず自室で寝ていた長男の首を絞めて殺した。
続いて母親を絞殺した後、飼っていた訓練中の警察犬二頭をナイフで刺し殺した。
木につながれた犬は大きな鳴き声をあげることもなく、静かに死んでいったという。
その後、原は長女宅に向かい、「祖母が孫達に会いたがっている」と母子三人を自宅へと連れ帰った。
原は仏間に倒れている祖母を見ていぶかしむ長女を背後から襲って絞殺し、続いて孫二人(二歳の男の子と生後三週間の女の子)を窒息死させた。
娘と孫に手をかけた後、原は再び長女宅に向かい、今度は長女の夫を連れ出した。
自宅につくと、彼は娘婿を刺した。しかし反撃されて逃げられ、原は自らの首を刺して自殺を図った。
娘婿の通報を受けた警察が浴室に隠れていた原を発見、彼は一命を取り留め逮捕された。

逮捕後、原は母親との確執が事件の動機だと話した。
子供や孫にまで手にかけたのは、彼らが殺人犯の家族として生きていかなければならないのが不憫だったからという。
妻の不在日に事件を起こしたのは、彼女には自分がちゃんと始末をつけたこと、そして事件の最後まで見届けて欲しかったからだと語った。

裁判では当然のように死刑が求刑された。
妻と子供二人を失い、自身も被害者である娘婿は死刑を求めた。
しかし、一人残された妻や原の弟は死刑の回避を求めたという。
精神鑑定もなされたが、責任能力はあると判断された。
判決は一審・二審とも無期懲役。
情状酌量の余地がある一家心中であるということと、再犯の恐れがないというのがその理由だった。
2012年、上告も破棄され、無期懲役が確定した。

<ノンフィクション>

悪魔が殺せとささやいた―渦巻く憎悪、非業の14事件― 新潮45編集部 新潮文庫

<リンク>
最高裁判所第一小法廷 平成24年12月3日決定 平成22(あ)402 (PDF)

<日本の一家惨殺事件>
関光彦
1992年3月5日に千葉県市川市で起きた一家4人殺害事件の犯人。犯行当時19歳。
以前強姦した少女の自宅に強盗目的で侵入し、少女の両親、祖母、妹の4人を殺害した。
朝倉幸治郎
1983年6月27日にかけて東京都練馬区で起きた一家惨殺事件の犯人。
不動産競売を巡るトラブルから子供三人を含む一家五人を殺害、遺体をバラバラにした。
        
  • 1
  • 2
  • 3