忍者ブログ

宅間守

2001年6月8日に大阪府池田市で発生した小学校無差別殺傷事件の犯人。
大阪教育大学附属池田小学校に侵入し、児童8名(1年生1名、2年生7名)を殺害、児童13名・教諭2名に重軽傷を負わせた。
2003年8月28日、大阪地裁で死刑判決を受ける。
弁護団は控訴したが、本人が取り下げて死刑確定。
2004年9月14日、死刑執行。享年40歳。

<概要>
宅間は1963年11月23日、兵庫県伊丹市の工員の次男として生まれた。
子供の頃から暴力や動物虐待など後の反社会的行動を思わせるような行動を見せていたという。
中学を卒業した後、工業高校に進学するも中退。
この頃には強姦未遂や暴力事件を起こしており、精神病院に通院していたという。
高校を中退してしばらく後、宅間は航空自衛隊に入隊した。
しかし、家出少女と関係を持ったことを問題とされて除隊する。

その後、宅間はトラック運転手や不動産会社勤務などをしていたが、婦女暴行や暴行事件を起こして逮捕、精神病院に入院した。
退院後もたびたび暴力沙汰を起こして、1986年にはついに服役する。
出所後、彼は実家を勘当された。これ以降、傷害事件や強姦事件を繰り返した。
また、宅間は四度の結婚や養子縁組をしている。
彼は妻や養母にも暴力をふるい、結婚生活はすぐに破綻、養子縁組も解消されている。
しかし、彼女らは宅間との関係を解消した後も嫌がらせやストーキング被害を受けることとなる。

2001年頃、宅間は無職で、精神病の傷病手当で暮らしていた。
彼は自分の人生が上手くいかないのは元妻達のせいだと思い、大事件を起こそうと決意。
エリート校である大阪教育大学附属池田小学校を襲うことを思いついた。

そして2001年6月8日、計画を実行する。
宅間は金物屋で出刃包丁を購入し、車で池田小学校に向かった。
午前10時過ぎ、校内に侵入した宅間は二年生の教室を襲撃した。
彼は子供達を次々と襲った。
教諭らに取り押さえられるまでに児童8名(1年生1名、2年生7名)を殺害し、児童13名・教諭2名に重軽傷を負わせた。

宅間は通報により駆けつけた警察により逮捕された。
彼は被害者に対する反省を一切述べず、公判でも遺族に向かって暴言を吐き、自ら死刑を望んだ。
2003年8月28日、大阪地裁は死刑判決を言い渡した。
弁護団は控訴したが、本人が取り下げて死刑確定。
また、早期の死刑執行を望む手紙を弁護士に送っていた。

その後、宅間は支援者の女性と結婚する。
2004年9月14日、死刑執行。
執行直前、彼は刑務官に妻にありがとうと伝えてくれと頼んだという。
享年40歳だった。

<ノンフィクション>

宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで 岡江晃 亜紀書房

裁判資料をほぼそのまま出版したという一冊。
伏せ字や専門用語が多用されているのでいささか読みづらかったが、興味があれば一読の価値あり。


殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 「新潮45」編集部 新潮文庫

父親のインタビューあり。
彼は九州の下級武士の末裔であることを誇りとし、息子達にも厳しく躾をしたという。
しかし宅間は幼い頃から悪ガキで、手を付けられなかったという。
彼を身ごもった母親が「産みたくない」と言ったというエピソードが心に残る。


殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く 長谷川博一 新潮社

獄中の宅間と接見や文通した臨床心理士による人物評。
どうやら彼は、母親の産まなければ良かったという思いを知っていたようだ。
また、酒浸りで家計を苦しめていた父親を憎悪していたという。
ちなみに著者は宅間に控訴を勧め続けた人物である。
そのために身の危険を感じるほどの激しい批判に晒されたが、宅間の妻を通じて死刑執行まで交流は続いたそうだ。
宅間の遺体とも対面しており、その後しばらくは大変な疲労感と無力感に襲われたという。

スポンサーリンク