忍者ブログ

ウ・ポムゴン

禹範坤

1982年4月26日から翌日にかけて、韓国・慶尚南道宜寧郡宮柳面で56人(諸説あり)を殺害した大量殺人犯。
もと海兵隊員の警官で、銃と手榴弾を使って次々と住民を殺害した。
犯行後に人質と共に手榴弾で自殺した。享年27。

<概要>
ウ・ポムゴンは1955年に全羅南道務安郡の貧しい家に生まれた。
海兵隊員として兵役を終えた後、1978年に警察官になった。その後京畿道やソウル市内の警察署に勤務し、青瓦台警備担当になるが勤務態度不良から事件の数ヶ月前に宜寧郡に転属した。

ウは事件発生時、女性と同棲していた。
1982年4月26日の夜、泥酔したウはこの女性と口論になり、宜寧警察署宮柳支署に戻ると更に酒を飲んで、武器庫からM2カービン銃2丁と実弾180発、手榴弾7発を持ち出した。
午後9時30分頃、彼はまず警察署近くの郵便局に押し入り、電話交換手三人を射殺した。これは外部との連絡を絶つためであった。事件発生が外部に伝わったのは、一時間後の午後10時40分頃だったという。
その後、ウは近隣の集落を次々に襲い、手当たり次第にカービン銃を乱射し、人が集まる場所に手榴弾を投げ込んだ。そして、爆発に驚いて飛び出てきた人々に銃弾を浴びせた。
凶行は翌日午前2時頃まで続いたが、到着した武装警官によってウは山に追い込まれた。
そして4月27日午前5時30分頃、追い詰められたウは人質三人を道連れに、手榴弾を使って自爆した。
被害者は死者56人、重軽傷者35人に上る(人数は諸説あり)。

なお、本事件は2011年のノルウェー連続テロ事件が起こるまで、単独犯では被害者数で世界最悪の事件だった。
ちなみに、本事件以前のトップは津山事件の都井睦雄である(現在でも世界5位)。

<リンク>
禹範坤(Wikipedia)

スポンサーリンク