忍者ブログ

福田孝行

1999年4月14日に山口県光市で起きたいわゆる光市母子殺害事件の犯人。
被害者は当時23歳の女性とその娘(当時11ヶ月)の二名。
犯行当時18歳であったが、2012年2月20日、最高裁で死刑判決が下った。
現在も再審請求中。

<概要>
福田孝行の父親は妻子に暴力を振るう人物で、母親は福田が12歳の時に首つり自殺した。
その直後、父親はフィリピン人女性と再婚した。事件の三ヶ月前には異母弟が生まれている。

1999年4月14日午後2時半頃、福田は山口県光市の社宅アパートに水道検査を装って侵入した。
アパートには当時23歳の女性と11ヶ月の乳幼児がいた。
居間に侵入した福田は女性を強姦しようとしたが、激しい抵抗に遭ったために絞殺し、その遺体を辱めた。
福田は遺体の傍らで泣いていた娘を床にたたき付けるなどした後、絞殺した。
その後、母親の遺体を押し入れに、娘の遺体を天袋に押し込んで、居間にあった財布を盗んで逃走した。
四日後の4月18日、福田は逮捕された。

犯行当時、福田は18歳1ヶ月だったが、1999年6月、家庭裁判所は地検に送致することを決定した。
2000年3月22日、一審で無期懲役判決。
2002年3月14日、二審も一審を支持。
2006年6月20日、最高裁は二審の判決を破棄し、差し戻した。
2008年4月22日、差し戻し審で死刑判決。被告人側は即日上告。
2012年3月1日、被告人上告が棄却され、死刑判決が確定した。
現在も再審請求中。

なお、獄中で支援者と養子縁組したため、現在の姓は大月となっている。

<ノンフィクション>
少年の起こした凶悪犯罪ということと、被害者遺族の活動によって大きな議論を巻き起こした事件であるため、色々な本が出ている。


なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 門田隆将 新潮文庫

被害者の夫であり父親である本村洋氏を追ったノンフィクション。読み応えあり。


光市母子殺害事件  本村洋、宮崎哲弥、藤井誠二 文庫ぎんが堂

本村氏と支援者の二人によって死刑判決確定後に書かれた本。
事件の概要と裁判について知りたいならこちら。

スポンサーリンク