忍者ブログ

アルミン・マイヴェス

Armin Meiwes

2001年3月、ネットで出会った男性と同意のもとで食人行為を行い、殺害して保存し、その後数ヶ月にわたり、その肉を食べ続けた。別名、ローテンベルグの食人鬼(Rotenburg Cannibal)。
2002年12月に再びネットで被害者を探す書き込みをし、逮捕された。
2004年1月30日、有罪判決を受けて懲役8年6ヶ月の刑を言い渡された。原告・検察側両方が上告し、2006年5月9日、終身刑が言い渡された。

<概要>
アルミン・マイヴェスは1961年12月1日、西ドイツのエッセンで三人兄弟の末っ子として生まれた。
幼い頃に両親が離婚し、父親は家を出て行った。大人しく孤独な少年は、10歳の頃に『ロビンソークルーソーの冒険』を読み、食人行為に興味を持った(この小説には敵を捕らえ、殺害して食べる習慣を持つ蛮族が敵として登場する)。

1981年、マイヴェスは軍に入隊。
1993年に除隊した後は、母親のいる実家に戻り、コンピュータエンジニアとして働き始めた。

母親と二人、孤独な生活を送っていたマイヴェスだが、普及し始めたインターネットで同じ趣味、つまりカニバリズム嗜好を持つ人々と交流を始めた。
彼はウェブサイトを立ち上げ、人体解剖を模した写真をアップしていた。マイヴェスの食人への興味はますます膨らんでいった。

1999年に母親が死ぬと、彼は自宅を改装し、夢を実現するための準備を始めた。
マイヴェスはただ誰かを殺して食べたいのではなく、「食べられたい人を合意の上で殺して食べたい」と考えていた。
彼はネット上で「殺して食べられたい人」の募集を始めた。条件は若くハンサムで、健康的だが筋肉質でないこと、だったそうだ。

当然のことながら、希望者はなかなか現れなかった。仕方なく年齢制限を緩くすると、なんと希望者が現れた。
最初の希望者に会って話をしたところ、彼はロールプレイを希望していることが分かったのであっさりと別れた。
だが、次の希望者は本気でマイヴェスに食べられることを望んだ。彼はベルリン在住の43歳の男性で、バイセクシュアルだった。

二人はメールで綿密に打ち合わせをした。そして2001年3月9日、被害者はマイヴェスの自宅に招かれた。
被害者は生きている状態で自分の性器を切断し、二人で食べることを望んでいた。マイヴェスは酒と薬で意識朦朧とした被害者の性器を切断し、ソテーして二人で食べた。その様子はビデオで撮影されていた。
翌朝5時ごろ、被害者は失血死した。マイヴェスは遺体を解体し、その肉を冷蔵保存して数ヶ月にわたって食した。

2002年、マイヴェスは再び被害者を求めて、ネット上に募集の投稿をした。
たまたまそれを見た男性が警察に通報。同年11月28日、警察はマイヴェスの家を捜索し、肉を押収した。
そして12月10日、マイヴェスは弁護士と相談の上で全てを警察に話し、ビデオを提出した。

裁判は当然ながら紛糾した。マイヴェスは被害者も望んでいたことだと主張し、殺人ではなく自殺幇助だと訴えた。
2004年1月13日、故殺罪により8年6ヶ月の禁錮刑の判決が下された。原告・検察の双方が判決が不服だと上告した。
2006年5月9日、謀殺および死体損壊の罪により前審より重い終身刑が言い渡された。
ただし、ドイツでは終身刑でも出所できる制度がある。マイヴェスの場合、最短で2017年には出所となる。

<リンク>
【超・閲覧注意】人肉30キロを食べた「ドイツの肉屋の食人主人」 ― 最凶で奇怪なカニバリズム事件(Tocana)

スポンサーリンク