忍者ブログ

西沢裕司

1999年7月23日に日本で起きたいわゆる全日空機ハイジャック事件の犯人。
羽田発新千歳行きのジャンボ機をハイジャックし、機長を殺害、飛行機を乗っ取った。
機は墜落寸前だったが、犯人は副機長に取り押さえられたため事なきを得た。
2005年3月、一審で無期懲役が確定した。

<概要>
西沢裕司は1970年に東京に生まれた。名門私立中学・高校を卒業し、一橋大学に入学した。
大学時代には羽田空港でアルバイトをしていたこともあり、就職の際は航空会社を希望していたがそれは叶わなかった。

大学卒業後は就職して寮生活を送っていたが、人間関係に問題を抱えて鬱病になり、1996年には寮を飛び出した。
自殺を考え半年ほど放浪した後、自宅に戻り、その後は家でゲームをするなどして過ごした。
特にフライトシミュレーションゲームを好んでいたという。

そんな中、西沢はインターネットで見つけた羽田空港の配置図から警備体制の欠陥に気付いた。
それは到着ロビーから出発ロビーに移動し、そのまま次の飛行機に乗れるというものだった。
西沢は航空会社や運輸省などに欠陥を指摘し、同時に自分を雇うように求める手紙を送った。
しかし要求は断られ、提言についても無視された。
苛立った西沢はとうとうハイジャックを計画した。

1996年7月22日、西沢は北海道行きの航空券を持って家を出た。
当初はこの日に決行する予定だったが、天気が悪いということで翌日に変更したという。
ホテルに宿泊して翌23日早朝、西沢は羽田空港に向かった。

午前6時、空港に着くと西沢はまず11時に出発する061便(後にハイジャックする航空機)のチェックインを済ませた。
その後、羽田発大阪(伊丹)行きに搭乗した。この際、西沢は手荷物預かりの荷物の中に凶器の包丁を隠していた。
伊丹空港に着いた西沢は羽田行きの便ですぐさま戻った。
羽田に着くと、西沢は預けた荷物を受け取り、通路を逆行して到着ロビーから出発ロビーへと移動した。以前指摘したものの無視された、あの欠陥を悪用したのだ。
こうして西沢は凶器を061便に持ち込むことに成功した。

午前11時25分、061便の離陸から2分後、西沢は客室乗務員に包丁を突き付け、操縦室へと押し入った。
副操縦士を外に出した西沢は機長に横田へ行け、伊豆大島方向へ行け、自分に操縦させろと要求した。
機長は方向はともかく、操縦させろという要求には応じなかった。
午後11時55分頃、西沢は機長を刺した。交信記録には機長の悲鳴が残っているという。

西沢が乗っ取った機体は急激に降下し、墜落寸前の危機を迎えた。
警報を聞いた副操縦士が操縦室の扉を蹴破り、西沢を取り押さえ、近くの座席に縛り付けた。
機長はすでに亡くなっていた。
午後0時14分、副操縦士の操縦で061便は無事羽田空港に到着した。
西沢はハイジャック防止法違反で逮捕された。

逮捕後、西沢は犯行動機として「ジャンボ機を自分で運転してみたかった」「レインボーブリッジをくぐりたかった」などと供述した。
2005年3月23日、一審で無期懲役の判決が下りたが弁護側は控訴せず、刑が確定した。

<リンク>
全日空機ハイジャック事件(無限回廊)

ドクター・キリコ事件

1998年に起きた青酸カリによる自殺幇助事件。
ドクター・キリコを名乗る人物が、インターネット上の掲示板を介して青酸カリを譲り渡した。
結果、女性一人が服毒自殺し、これを知ったドクター・キリコ自身も自殺した。
1999年2月、自殺幇助の疑いで被疑者死亡のまま書類送検。

<概要>
1998年、東京都練馬区に住む主婦がインターネット上に自殺系の掲示板を設けた。
タイトルは「ドクター・キリコの診察室」。自殺志願者が『ドクター・キリコ』に服毒自殺について尋ねる、という内容だった。
ドクター・キリコを名乗っていたのは主婦の知り合いである札幌市の男性(当時27歳)だった。
事件当時、彼は塾講師だったが、過去には医薬品開発研究会社や薬局に勤務していた。
1997〜8年頃、彼は仕事のツテで500g以上の青酸カリを手に入れていた。

ドクター・キリコは掲示板を通じ、「草壁竜次」名義で8人に青酸カリを送った。
青酸カリの譲渡の際、ドクター・キリコは数万円の「保管の委託料」を受け取っていた。
曰く、青酸カリは「お守り」であり、持っていることが安心感を生むという意図を持って送ったのだという。

1998年12月12日、東京都杉並区の女性(当時24歳)がドクター・キリコから入手した青酸カリで服毒自殺をした。
薬の入手ルートを追っていた警察との電話で、ドクター・キリコは自分が青酸カリを送ったことを認めた。
その直後の15日、ドクター・キリコ自身も自宅で服毒自殺した。遺書はなかったという。

1999年2月12日、ドクター・キリコを名乗っていた男は、自殺幇助容疑で被疑者死亡のまま書類送検された。

<リンク>
ドクター・キリコ事件(無限回廊)

アナトリー・モスクビン

Anatoly Moskvin

2011年、ロシアのニジニ・ノヴゴロドにおいて遺体損壊の罪で逮捕された男。
墓から掘り出した少女の遺体複数を人形のように加工し、自宅アパートの一室に保管していた。
2014年現在、統合失調症で入院中。

<概要>
アナトリー・モスクビンはケルト語の研究を専門とする歴史学者で、博士号を持ち13カ国語を操るインテリだった。
10代の頃にある宗派の一風変わった埋葬儀式を目にしてから墓地に興味を持ったという。
地元では墓地の歴史に詳しい専門家として知られ、著作もあった。

子供の頃にレイプされたことがあり、少女の遺体に無理矢理キスさせられたという経験もあったらしい。
結婚はしておらず、両親とアパートで同居していた。

モスクビンは数年にわたり、墓から少なくとも150体以上の少女の遺体を次々に掘り起こして盗んでいた。
そして、アパートの自室に持ち帰り、ミイラ化した遺体にドレスやブーツを着せて化粧を施し、人形のようにして飾っていた。
彼は人形達に名前を付け、誕生日にはバースデーパーティを開いていたという。

逮捕されたのは2011年11月のことだった。
息子の異常な趣味に気付いた両親が警察に通報したことがきっかけだった。
逮捕時、アパートには29体の遺体があり、その他にも墓の写真、ミイラ作りのマニュアル本などが見つかった。

モスクビンは統合失調症と診断され、2014年現在も入院している。
なお、未だに裁判は行われていない。

<リンク>
EXCLUSIVE 'Evil bodysnatcher dug up my little girl's murdered body, mummified her corpse... then taunted me for ten years': Grieving mother relives nightmare of seeing beloved daughter turned into a human doll (DailyMail)
事件の概要と被害者家族へのインタビュー記事(英語)。
海外メディアなので画像、動画注意。