忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサーリンク


ジョン・ヘイグ

ジョン・ジョージ・ヘイグ
イギリスの連続殺人犯。1944年から1949年にかけて6人を殺害。
遺体を硫酸で溶かし、完全犯罪をもくろんだ。
しかし、警察の捜査により遺体の一部が発見され、1949年死刑執行。

<概要>
ヘイグは詐欺などで服役した前科があり、その収監中に完全犯罪を思いつく。
彼は『CORPUS DELICTI』、直訳すると『死体』がなければ罪に問えないと思い込み、被害者の遺体を硫酸で溶かし、消し去ってしまうことを思い立った。

1944年、最初の犯行を実行。被害者は彼に投資した後、殺害された。
遺体は硫酸の入ったドラム缶で処理され、マンホールに捨てられた。
翌年、ヘイグはこの被害者の両親も殺害し、家を乗っ取って財産を売り払った。
1948年、金のつきたヘイグは医師の夫妻を殺害。その財産を奪った。
最後の犯行は1949年の2月。
最後の犠牲者となった老婦人はヘイグの投資話を信じ、彼と共に『工場』を訪問し、殺害された。
彼女が戻らないことをいぶかしがった友人の女性が、ヘイグを連れて警察を訪れた。
警察はヘイグの言動を怪しみ、更に彼に詐欺の前科があったことから、彼の自宅と『工場』を捜索した。
工場とは名ばかりの倉庫で、警察はドラム缶や特殊な機材、女性ものバッグなどを発見する。
また後日、ヘイグが被害者のコートなどを売り払っていたことが発覚した。
警察がヘイグを問い詰めると、彼は平然と殺害を認めた。

ヘイグは自分は罪に問われることのない完全犯罪を成し遂げたと思い込み、自身の犯行を詳細に自供した。
しかし、被害者の遺体は完全に溶けていた訳ではなく、警察の捜査によって被害者の義歯や胆石などが発見された。
これにより彼の完全犯罪は崩れ、ヘイグは逮捕された。

『CORPUS DELICTI』とは『遺体』ではなく『罪体』と訳した方が正しい。
法律的に言えば『構成要件』、つまりある人の死の原因が他者による犯罪によるという証拠のことだ。
ヘイグは勘違いしていたが、死体がなければ殺人が立証出来ないということではない。
その客観的な事実を証明出来れば殺人罪は成立する。

ただ、ヘイグはそれでも自分の完全犯罪に自信を持っており、更に被害者の血を飲んだと話し精神障害を装うなどして、死刑を逃れようとした。
しかし判決は死刑。1949年8月に死刑執行された。

<リンク>
Wikipedia(英語版)
[これはひどい]「Corpus Delicti(コーパス・デリクタイ)」の翻訳について(罪の巨塊) 愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)
『CORPUS DELICTI』に対する大江健三郎の誤訳にまつわる言葉の解説。
ヘイグの事件とは関係ないけれど、面白かった。

<おまけ>
クロックタワー3の硫酸男のモデルがこのヘイグ。

スポンサーリンク