忍者ブログ

ロバート・ハンセン

Robert Christian Hansen
米国アラスカ州アンカレッジにて、1971〜1983年にかけて17〜21人の女性を殺した。
売春婦を人里離れた荒野に連れ出し、獲物に見立て「人間狩り」を楽しんでいた。
1983年に逮捕され、禁固461年に処された。
2014年8月21日に死亡。享年75歳。

<概要>
ハンセンはアイオワ州で1939年に生まれた。
物静かで内向的な性格で、学生時代はニキビと吃音が原因でいじめられていた。
狩猟を覚えたのはこの頃だという。
ハイスクールの卒業後は一年間陸軍予備役に就き、その後警察の教練教官の職を得た。
この時期、ハンセンは一度目の結婚をしている。
しかし、彼は放火で逮捕され、拘置所にいる間に職も妻も失った。
出所後の数年間、窃盗で何度も逮捕されている。

1967年、ハンセンは二人目の妻と共にアラスカに移住した。
夫妻の間には二人の子も生まれ、狩猟の名手として近隣住民からも好かれていたという。
しかしその裏で、彼は売春婦を獲物に見立てた「人間狩り」ゲームを密かに始めていた。
声をかけた売春婦に暴行を加えて拘束した後、軽飛行機で荒野に連れ出し、逃げ惑う彼女らを狩った。
なお、ハンセンは1977年に窃盗で投獄されている。
この際、彼は双極性障害と診断されたが、正式な治療は受けなかった。

凶行は1983年6月に被害者の一人が警察に駆け込むまで続いた。
彼女は手酷い暴行を受けた上、手錠をかけられて飛行機に乗せられたが隙を見て脱出、逃走に成功した。
彼女の訴えにより事件は明るみに出た。

ハンセンは16〜41歳の女性を少なくとも17人殺害した(30人以上殺害している疑いがある)。
彼の家からは女性達の遺留品と印を付けた地図が見つかり、印の場所からは被害者達の遺体が発見された。
当初否認していたハンセンも、ついに罪を認めた。
ハンセンは4件の殺人と最後の被害者への暴行と誘拐により禁固461年の判決を受けた。
2014年8月21日に死亡。享年75歳。

<映画>
2013年にこの事件を元にした映画『フローズン・グラウンド(原題:the Frozen Ground)』が公開された。
ハンセンを演じるのはジョン・キューザック、彼を追う警官役がニコラス・ケイジ。
(配役は逆の方が合ってる気がする)

フローズン・グラウンド (字幕版)



<リンク>
Wikipedia (en)

<ノンフィクション>

連続殺人紳士録 ブライアン・レーン 中央アート出版

スポンサーリンク