忍者ブログ

後藤良次・三上静男

2005年に発覚した上申書殺人事件の主犯。
後藤良次は元ヤクザで別件により逮捕され死刑判決を受けていたが、自らの関わった三件の殺人事件を告白し、主犯として三上静男を告発した。
三件のうち一件が立件され、後藤・三上を含む8人が逮捕された。
2010年、三上の無期懲役が確定した。

<概要>
後藤良次は群馬県を本拠地とする暴力団の幹部で、自らも後良組(後に宇都宮後藤組へと改名)を構えていた。
1990年、後藤は敵対する暴力団組長を射殺して逮捕されるが、証拠不十分により不起訴処分。
1994年には暴力行為や銃刀法、覚せい剤取締法違反などで群馬県警に逮捕され、懲役四年の実刑判決を受けた。
1998年に出所後、茨城県へと移動した後藤は不動産ブローカーの三上静男と出会う。
三上の指導の下、後藤は不動産関連の仕事で成功を収める。このため、後藤は三上を「先生」と呼んでいる。
そして三上と後藤は共謀して、いくつもの事件を起こした。

2000年7月、後藤は舎弟と共に刑務所時代の知り合いだった暴力団関係者を殺害(水戸事件)。
被害者は生きたまま簀巻き状態にされ、橋の上から那珂川に投げ捨てられた。
翌月の22日、後藤は舎弟ら4人と共に宇都宮市のマンションで男女4人を縛り上げ監禁。
女性一人に多量の覚醒剤を打ち、残る3人をめった刺しにした挙げ句、灯油をまいて放火した。
この事件では覚醒剤を打たれた女性が死亡、残る三人も重軽傷を負った(宇都宮事件)。
8月30日、後藤は水戸事件・宇都宮事件の共犯者らと共に逮捕された。
なお、この時逮捕された後藤の舎弟らも後述の事件に関わっている。
その後、2007年、後藤は最高裁で死刑判決を受けた。同時に逮捕された舎弟らも無期懲役などの実刑判決を受けた。

さて、後藤が三上との犯罪を告発したのは2005年のことだった。
当時、彼は一審・二審で死刑判決を受け上告中の身であり、東京拘置所に収監されていた。
告発のきっかけは三上に世話を頼んだ舎弟が自殺したことだった。
なおこの舎弟は没落した資産家の生まれで、その財産は三上の手により処分されている。
彼の母親も保険金殺人のターゲットにされていたようだ。
この一件に後藤は激怒、三上の関わった事件について上申書を提出し、新潮45にも告発の手紙を送った。
告発された事件は以下の三件。

(1)1999年11月、金銭トラブルにより三上が60代男性を殺害。
後藤は遺体を燃やして処分した。
(2)1999年11月、茨城県の資産家男性を共謀の上で生き埋めにして殺害。
被害者の土地は三上名義に変更され、売却された。
(3)2000年8月、茨城県の内装店経営の60代男性を自殺に見せかけて殺害。
この事件は被害者の家族や取引先社長の依頼による保険金殺人で、警察も自殺として処理していた。

捜査中、依頼者である被害者家族と三上との仲介役を果たした男性が交通事故で死亡した。
この男性は一つ目の事件にも関わっていたとされる。
捜査は更に難航し、結局、三件のうち立件されたのは2000年の保険金殺人のみである。
2005年、殺害を依頼した被害者の妻、長女夫妻と後藤を含む実行犯4人、そして三上が逮捕された。
2007年、被害者家族らには懲役13〜15年の判決が確定。
2010年には三上の無期懲役が確定した。
なお、後藤は既に水戸事件と宇都宮事件で死刑が確定している(2007年)が、この事件でも懲役20年が確定している。

<ノンフィクション>

凶悪―ある死刑囚の告発 「新潮45」編集部 新潮文庫

後藤の告発の手紙を受け、取材を開始した新潮45の連載や後日談をまとめた一冊。
記者らの取材により事件の衝撃的な全容が明らかになっていく過程は、時間を忘れる面白さ。

上記の本を原作に映画化(2013年)もされている。

余談だが、三上静男というのはよく分からない男だ。
人格的には北九州監禁殺人の松永太埼玉愛犬家殺人の関根元なども近いような気がするが、三上は彼ら以上に底が見えない感じを受ける。
えげつないことを散々やっているが、実際に手を汚していたのは後藤などのヤクザ。
手口は巧妙で、共犯者も自殺したり事故死したりしたため、警察の追求でも事件の多くは立件出来なかった。
後藤による告発がなければ逮捕されることすらもなかっただろう。
その一方で、三上は家族思いであり、人望もあった。
後藤だって三上に任せた舎弟が死ななければ告発には踏み切らなかっただろうと思われる。
本件を扱った書籍は今のところ上に挙げた『凶悪』しかないのだが、三上を改めて掘り下げても絶対面白いと思う。

スポンサーリンク