忍者ブログ

木嶋佳苗

2009年に結婚詐欺と殺人で逮捕された、いわゆる首都圏婚活連続不審死事件の犯人。
3件の殺人、6件の詐欺及び詐欺未遂、1件の窃盗で起訴。
2012年、一審で死刑判決。即日控訴。

<概要>
木嶋は北海道標津町でいわゆる「地元の名士」の長女として生まれた。
別海町に転居し、高校卒業まで暮らした。
高校在学中には知人宅から通帳等を盗み、窃盗罪で保護観察処分を受けている。
高校卒業後、木嶋は上京し、就職する。
しかし、彼女は研修期間中に辞め、以後は愛人契約やデートクラブで生計を立てて暮らした。
なお、上京後も万引きやインターネットのオークション詐欺などで4度逮捕されている。

木嶋が最初の被害者と目される男性と出会ったのは2001年のことだった。
千葉県松戸市在住の当時64歳だった実業家で、彼の出した家事手伝いの求人に応募したのが木嶋だった。
この男性はその後2007年に入浴中に死亡するまで、木嶋に1億円もの金を貢いだ。
なお、この一件は当初事件性はないと見なされ、不起訴となっている。

これ以降、木嶋の周囲では不審な死を遂げる者が続出する。
彼女はインターネットの婚活サイトで出会った男性達から、多額の現金を引き出していく。
そうして出会った男性のうち、少なくとも6人が不審死している(うち4件で起訴)。

逮捕のきっかけとなったのは2009年8月に不審死を遂げた東京の41歳の男性の事件である。
彼と木嶋が出会ったのは2009年7月。二人は結婚を前提に交際していた。
被害者は木嶋と旅行に行くと言って出かけたが、その後埼玉の駐車場で死亡しているのが見つかった。
彼はレンタカーの車中で、練炭による一酸化炭素中毒で死亡していた。
血液中からは睡眠導入剤が見つかるなど、当初は自殺を疑われたが、車のキーがないなど不審な点がいくつもあった。
警察の捜査で浮かび上がったのが交際相手の木嶋だった。
被害者は死の直前、木嶋に470万円もの金を渡していた。

警察の捜査により、木嶋の周囲では同年2月にも不審死した男性がいたことが発覚した。
彼は当時53歳の会社員。東京の自宅マンションで練炭による一酸化炭素中毒で死亡している。
警察は自殺とみて司法解剖を行わなかった。
木嶋はこの男性から1800万円ほど受け取っていた。

また、同年5月、千葉でも80歳の男性が火事で死亡していた。
木嶋はこの男性の身の回りの世話をしていたが、50万円の学費を巡るトラブルなども起こしていた。
火事のあった日、木嶋はこの男性の家を訪れていた。
また、彼の口座から188万円引き出している。

木嶋が逮捕されたのは2009年9月のことだった。
警察が起訴したのは以上三件の殺人であるが、前述した千葉の男性の他にも二人ほど不審死している(警察は起訴出来なかった)。
また他にも数件の結婚詐欺を起こしているとみられる(そのうち4件は詐欺、2件は詐欺未遂で起訴)。
逮捕時もサイトで出会った男性の自宅に住んでいた。
なお、この男性も木嶋に450万円を渡していた(なおこの一件も不起訴)。
この時、木嶋はネットで練炭を注文していた。男性の家の火災報知器は外されていたという。

取り調べや裁判において、木嶋は詐欺については一部認めたものの、殺人については一貫して否認し続けた。
裁判員裁判は100日にも及び、2012年、死刑判決が下された。

<ノンフィクション>
事件の異様さ、被害者の多さもさることながら、「女結婚詐欺師」というイメージからはかけ離れた木嶋の外見もあり、異様なほど注目された本事件。
何冊もの本が出ている。

別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判 佐野眞一 講談社

東電OL事件などのルポでおなじみの佐野眞一の本。
故郷や生い立ち、家族を追っていくところはさすがの取材力。
しかし、事件そのものより著者がいかに木嶋を嫌いかの方が伝わってくる。

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記 北原みのり 朝日新聞出版

女性ライターによる裁判傍聴記。
裁判での木嶋の服装、雰囲気、尋問に対する反応をかなり細かく観察しており、裁判パートの記述は佐野の本よりずっと面白い。
ただ文体がいささか軽いのと、著者の良くも悪くも「女性的な」見解は、合わない人には合わないと思う。

木嶋佳苗 法廷証言 神林広恵・高橋ユキ 宝島SUGOI文庫

元「噂の真相」デスクの記者と裁判傍聴が趣味のライターが書いた裁判記録。
事件全体の概要、木嶋の生い立ちに簡単に触れた第一部と、法廷でのやりとりを紹介する第二部という構成になっている。
特に本書の大部分を占める第二部は、上記二冊と異なり著者の主観・感想がほとんど含まれず、当然ながら裁判に関する情報量も豊富。
三冊の中で最も客観的。個人的には一番良かった一冊。

<リンク>
木嶋佳苗の拘置所日記
木嶋本人による獄中ブログ。
同時期に発覚した上田美由紀の事件を追ったルポをきっかけに開設したという。

スポンサーリンク