忍者ブログ

ゴードン・ノースコット

Gordon Stewart Northcott

1920年代後半に米国カリフォルニア州で起きたワインヴィル養鶏場連続殺人事件(Wineville Chicken Coop Murders)の主犯。
被害者は少年ばかり20人で、誘拐されて養鶏場に監禁され、性的虐待を受けた後に殺害された。
遺体は養鶏場に埋められたり周辺の砂漠に遺棄されたりしたため、警察は骨片しか見つけられなかった。
1928年9月に逮捕され、翌年には死刑判決が下った。1930年10月に死刑が執行された。

<概要>
ゴードン・スチュアート・ノースコットは1906年にカナダのサスカチュワン州で生まれた。
1924年、ノースコットは両親と共にアメリカのロサンゼルスに移住し、ノースコットは父親にワインヴィルの土地を購入してもらい、養鶏場を建設した。

ノースコットは手伝いのためだと言って甥のサンフォード・クラーク(当時13歳)をカナダから呼び寄せた。
しかし養鶏場の手伝いは口実にすぎず、甥は性的虐待を加えられた。
ノースコットは甥だけではなく、多数の少年を養鶏場に連れ込んでは性的虐待をしていたが、基本的には加害後に解放していたようだ。
誘拐にはノースコットの母親サラ・ルイーズ・ノースコットも関わっていた。
しかし一方で20人ほどの少年を殺害し、消石灰で肉を溶かし、骨は牧場に埋めたり周辺の砂漠に遺棄したりしていた。
遺体の遺棄には甥も関わっていた。
なお、ノースコットには誘拐した少年を同じ趣味の金持ちに貸し出していたという疑惑がある。ただし、この噂を裏付ける証拠はない。

犯行が明らかになったきっかけは1928年8月、カナダから姪(クラークの姉)が訪ねてきたことだった。
彼女は弟から養鶏場で起きている事件について聞き、カナダへ帰国した後に通報した。
保護された甥は事件について証言した。
ノースコット母子はカナダに逃亡したが、1928年9月19日にカナダ警察によって逮捕され、同年11月30日にロサンゼルスに送り返された。

サンフォード・クラークは司法取引により起訴されなかったが、少年院送致された後、カナダに強制送還され、1991年まで生きた。
サラ・ルイーズ・ノースコットは1928年12月19日、終身刑の判決を受けた。彼女は12年後に仮釈放されたが、1944年に死去した。
ゴードン・ノースコットの裁判では1928年5月に行方不明になった兄弟とメキシコ人少年の誘拐、拷問、性的虐待、殺害についてのみが争われ、1929年2月13日、死刑判決が下った。
1930年10月2日、ノースコットの死刑が執行された。享年23歳。

<映画>

チェンジリング [Blu-ray]

映画『チェンジリング』はこの事件の被害者の一人であるウォルター・コリンズの母親、クリスティンの身に起きた悲劇を映画化したもの。
警察はウォルターを保護してクリスティンに引き渡したが、その少年は明らかに彼女の息子ではなかった。
クリスティンは警察に訴えたが、警察はまともに取り合うこともないどころか、彼女を異常者と決めつけて精神病院に強制入院させた。
後にノースコットが逮捕され、ウォルターの殺害を自白したことで、彼女は退院することが出来た。
なお、ウォルター殺害で有罪判決を受けたのはサラ・ルイーズだけで、ゴードンの裁判では争われなかった。

スポンサーリンク