忍者ブログ

デニス・レイダー

Dennis Lynn Rader

米国カンザス州ウィチタで1975〜1991年にかけて10件の殺人事件を起こした。
自らをBTK(Bind, Torture, Killの頭文字)と称して、地元の警察やマスコミなどに何度も犯行声明を送っていた。
2004年に送った犯行声明がきっかけとなり2005年2月に逮捕された。
2005年8月に175年仮釈放無しの終身刑(10回)の判決を受けた。

<概要>
デニス・レイダーは1945年にカンザス州ピッツバーグに生まれ、ウィチタで育った。
本人の証言によれば子供の頃から動物虐待や女性ものの下着への性的な興味を抱いていたという。

レイダーは4年間を空軍で過ごした後、ウィチタからも近い街に移り住み、結婚して二人の子をもうけた。
その後大学に入学し、卒業後はキャンプ用具の組立工を経て、1974年に警備会社に就職。警報器の設置などの仕事をするようになった。
この年からレイダーは犯行を重ねるようになるが、事件は彼の担当地域で起こっている。

最初の犯行はレイダーが警備会社に就職した年、1974年の1月15日に起きた。
被害者は30代の夫婦とその子供達の計4人で、死因はロープなどによる絞殺だった。
11歳の娘の遺体は裸にされて天井から吊されていたという。
同年4月4日、レイダー二度目の事件を起こし、21歳の女性を刺殺した。
その後はしばらく犯行を止めている。

この年の10月、地元メディアに犯行声明が届いた。
手紙には2月の一家殺人事件についての詳細が書かれており、明らかに犯人にしか書けない内容だった。
手紙の主は自らをBTKと称していた。これはBind(縛り)、 Torture(拷問し)、Kill(殺す)の頭文字を取ったものである。
これ以降、マスコミや警察には何度も彼からの手紙が届いている。

レイダーが次にに事件を起こしたのは1977年のことだった。3月と12月にそれぞれ女性一人を絞殺している。
12月の事件の際には犯行直後に自ら警察に通報するということまでしている。
また1985年4月に一人、1986年9月に一人女性を殺害した。
1990年、彼は野犬捕獲と法令遵守員の仕事を始め、逮捕されるまで続けている。
最後の事件は1991年1月19日のことで、被害者は62歳の女性だった。

これ以降、レイダーは犯行を行っていない。
BTK事件は2004年には捜査も一旦終了し、過去の未解決事件となった。

しかし、捜査が終了した年、レイダーは再び犯行声明を送りつけた。
これは1986年の事件についてのもので、写真や被害者の免許証のコピーなども添付されていた。
その後もBTKからのメッセージが次々に送られたが、逮捕のきっかけになったのは2005年にマスコミに届けられたフロッピーディスクだった。
解析の結果、データが作成されたのは市内の教会で、作成者は「Dennis」だと判明した。
これが手がかりとなり、2005年2月28日にレイダーは逮捕された。

逮捕後、レイダーは犯行を全面的に認め、これまでBTKの犯行とは考えられていなかった事件まで自供した。
10件の殺人容疑で起訴され、2005年8月18日に175年仮釈放請求が出来ない10回の終身刑を言い渡された(カンザス州は死刑廃止)。

<リンク>
Dennis Rader (wikipedia en)
レイダーは何度も犯行声明を送って世間に自分をアピールする劇場型犯罪の典型みたいな犯人。
捕まる前には善良な市民としてインタビューにも答えている(この映像は日本のマスコミ報道でも見たような覚えがある)。
アメリカではこの事件をモチーフにした映画がいくつかあるようだが、日本では未公開っぽい。

スポンサーリンク