忍者ブログ

上田美由紀

2009年に発覚した鳥取連続不審死事件の犯人。
事件は鳥取県鳥取市を中心に起こっており、2004〜2009年の間に男性6人が不審死している。
2009年、上田美由紀と安東儀導が詐欺などの容疑で逮捕された。
上田は二人の殺害について起訴され、2012年12月には一審(裁判員裁判)で死刑判決、2014年3月には二審でも死刑判決を受けた。

<概要>
上田美由紀は中学生時代からテレクラで援助交際をするなど奔放な性格で、逮捕当時35歳で二度の離婚歴があり、子供は5人いた。
身長150cm、体重約70kgと肥満体で、勤務していた鳥取市のいわゆるデブ専スナックでは人気のホステスだったという。
上田は関係を持った男性から様々な理由を付けては金をせびっていた。
そして金銭トラブルに発展した男性6人が不審死を遂げた。

(1)2004年5月13日、新聞社記者の42歳男性が鳥取市内で段ボール箱に詰められた状態で列車にひかれ死亡。
段ボールには遺書めいた文言があったことや彼が同僚などから借金を重ねていたことから、警察は自殺と判断した。
(2)2007年8月18日、上田一家とともに海岸に出かけた27歳の会社員男性が海に溺れて10日後に死亡。
彼は2005年頃から上田と同居しており、日常的に暴行を受けていた。
(3)2008年2月、鳥取市郊外の山中で41歳の警察官が縊死。
彼は上田が勤務していたスナックの常連で、金銭トラブルを抱えていたという。
(4)2009年4月11日、47歳のトラック運転士が水死。
遺体からは睡眠導入剤が検出され、肺からは砂が見つかった。
(5)2009年10月6日、57歳の電気工事業の男性が鳥取市内の川で死亡。
この川は水深約20cmと浅く、溺れるような場所ではなかった。遺体からは睡眠導入剤が検出され、顔や頭には暴行の痕跡があった。
彼は上田らに140万円の未収金があり、事件当日もその取り立てに上田宅を訪れたとみられる。
近くにあった彼の車のカーナビには走行記録が残っており、自宅から上田宅へ移動後、遺体発見現場へと移動したことが分かっている。
(6)2009年10月27日、58歳の無職男性が死亡。
彼は上田のスナックの常連で、同じアパートに住んでいた。自動車事故の示談について上田に相談、トラブルになっていた。

警察は少なくとも(5)の事件が起こった段階で、上田及び彼女と同居していた安東儀導をマークしていた。
慎重な捜査を進めていたが(6)の事件が起こってしまう。
2009年11月2日、鳥取県警は上田と安東を詐欺容疑で逮捕、その後も別件の詐欺などで逮捕・拘留して取り調べを行った。
上田は黙秘を続けたが、安東は詐欺容疑を認め、殺人についても話し始めた。
この証言を元に2010年1月28日、上田は(5)事件の殺人容疑で逮捕された。

2012年、鳥取地裁で上田の一審裁判員裁判が開かれた。
起訴されたのは上記の事件のうち、(4)と(5)についてだけだった。
上田はほぼ黙秘していたが、2012年12月に死刑判決が下った。
その後、2014年に広島高裁で控訴審が開かれ、一審判決が支持された。
現在上告中。

<ノンフィクション>

誘蛾灯 鳥取連続不審死事件 青木理 講談社

手堅いタイプのルポルタージュ。
この事件とほぼ同時期に木嶋佳苗の事件があった。
世間の注目は木嶋に向いたが、この著者はあえて上田の事件を追うことにしたそうだ。
木嶋の事件は都会的で新しいツールを使いこなす現代的な犯罪だが、上田は違う。
その背景には事件の舞台となった地方都市の荒廃やそこに住む人々の絶望があるのだと、丹念な取材の描写から感じた。
余談だが、木嶋はこの著者を気に入っており、獄中ブログ開設のきっかけが本書だったとか。

スポンサーリンク