忍者ブログ

八王子スーパー強盗殺人事件

1995年7月30日、東京都八王子市大和田町のスーパーで起きた強盗殺人事件。
事件は閉店後のスーパー二階事務所で起き、パート・アルバイトの女性三人が射殺された。
警視庁による正式な呼称は大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件。
2014年現在、未解決。

<概要>
1995年7月30日午後9時15分過ぎ、東京都八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の二階事務所に何者かが押し入った。
当時事務所にいたのは当時47歳のパート女性とアルバイトの女子高校生二人の計三人。
女子高校生二人は粘着テープで口を塞がれ、背中合わせの状態で手を縛られていた。犯人は至近距離から後頭部に発砲、2人を殺害した。
パート女性も頭部に二発の銃弾を受けて殺害された。腹部には刺傷痕もあった。

警察は強盗殺人事件とみて捜査しているが、犯人は何も奪わず逃走しており、事務所内の金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類にも手をつけていない。
このため怨恨が動機という説もある。
また、凶器が拳銃なことや三人もの人間をためらいもなく殺害したことから外国人説もある。

犯人として2002年に逮捕された70代男性(この男は警察庁長官狙撃事件でも名前が挙がった)や、中国の日本人死刑囚(2010年に死刑執行)、カナダ在住の中国人などが報道されたことがある。
しかし、いずれも逮捕には至っていない。

公訴時効の撤廃により、2014年現在も捜査中。
捜査特別報奨金制度の対象で、600万円の懸賞金がかかっている。

<リンク>
大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件(警視庁)

スポンサーリンク