忍者ブログ

ヒンターカイフェック事件

Hinterkaifeck Murders

1922年3月31日にドイツで起きた一家惨殺事件。
ヒンターカイフェックという小さな農場で、一家5人と使用人1人がつるはしで殺害された。
警察の捜査の甲斐なく、現在も未解決。

<概要>
ヒンターカイフェックは63歳の男性とその一家が営む小さな農場で、ミュンヘンから北へ70キロほどのヴァイトホーフェン近郊にあった。
農場に住んでいたのは主人とその妻(72歳)、夫妻の娘(35歳)とその子供2名(7歳の女の子と2歳の男の子)、そして事件当日にやってきたばかりの使用人の女性(45歳)の6人。
一家は変人として知られ、特に主人はケチとして有名だった。
また、孫の男の子は主人の実子(つまり実の父娘の間に生まれた)ではないかという噂も立っていた。

事件が起きたのは1922年3月31日の夕方から翌日未明とみられる。
夫妻と娘と孫娘は母屋とつながった納屋に一人ずつ呼び出されて殺害されたと考えられている。
使用人ともう一人の孫は自室で殺されていた。

事件が発覚したのは翌週の4月4日のことだった。
一家の姿を見かけないことを不審に思った近隣住民らが農場を訪れ、施錠されていた扉を破り、一家の遺体を発見した。

犯人は数日前から屋根裏に潜んでいたとみられる。
事件後の捜査で、屋根裏に人がいた形跡が残っていた。
事件前、主人は怪しい足跡を発見したり、屋根裏部屋で足音を聞いたりしたことを話していたという。
また、犯人は事件の後にも現場の家にとどまっていたようで、台所に食事の後が残っていたり、家畜に餌が与えられていたりした。

警察は懸賞金をかけて大々的に捜査した。
当初は強盗目的と見られていたが、現場には多額の現金が残されていた。
また怨恨の線でも捜査は難航した。
結局、現在に至るまで犯人は明らかになっていない。

1923年、事件現場の農場は取り壊された。この時凶器のつるはしが屋根裏部屋から発見された。
現在、被害者らが眠る墓地には事件の記念碑が建っているという。

<小説>

凍える森 アンドレア・M・シェンケル 集英社文庫

この事件を元に書かれた小説。
映画(『Tannöd』)も制作されたようだが、日本では多分未公開。

スポンサーリンク