忍者ブログ

板橋資産家夫婦放火殺人事件

2009年5月25日に東京都板橋区で起きた殺人放火事件。
被害者は現場の民家に住む夫婦で、地元では有名な資産家だった。
2017年現在、未解決。

<概要>
2009年5月25日の午前0時半頃、東京都板橋区の資産家夫婦宅から火の手が上がり、全焼した。
現場からはこの家に住む当時74歳の夫と69歳の妻の遺体が見つかった。二人は鈍器で殴られた上に刃物で刺殺されていた。防御創はなく、抵抗できないような状況であったと推定される。
焼け跡からは約1000万円の札束も見つかっている。

被害者夫妻は個人で多くの不動産を所持しており、一晩に100万円以上散財するなど、地元でも有名な資産家だった。
用心深かったため、約1000坪もの敷地内にある広大な自宅の施錠には気を使い、赤外線センサーで侵入者を知らせる装置を設置していた。ただ、監視カメラはなかった。
状況から被害者宅に詳しい者による計画的な犯行とみられている。

2017年現在も未解決。

<ノンフィクション>

板橋資産家殺人事件の真相 「日中混成強盗グループ」の告白  李策 宝島社

本書によると、暴力団と中国の犯罪者による組織的な犯罪だったという。
自宅内にあった10億円以上の現金などが目当ての犯行だったという。犯人らも持ちきれないほどの現金があったのだとか。
どの程度信ぴょう性があるのかは疑問だが、ありえそうな話ではある。

スポンサーリンク