忍者ブログ

札幌男児誘拐殺人事件

1984年1月10日、札幌市豊平区の当時9歳の男児一人が行方不明になった事件。
1988年、新十津川町の農家の納屋から子供の骨が見つかり、1998年にDNA鑑定により被害者のものと判明した。
女性一人が逮捕されたが、彼女は犯行を否認、黙秘を通した。
2001年5月30日、一審で無罪判決。
検察は控訴するも、2002年に控訴棄却。検察は上告を断念。

<概要>
1984年1月10日の朝、札幌市豊平区の資産家宅に一本の電話がかかってきた。
受けたのはその家の次男で小学校四年生の男児で、彼はワタナベさんの家に行くと言い残して自宅を後にした。
心配した兄が後を追いかけたが見失ってしまった。
兄が少年を見失った地点からほど近いアパートには「ワタナベ」姓の母娘が住んでいた。
母親の方は少年が訪ねてきたが、彼の探す「ワタナベ宅」ではないと教えたら帰って行ったと証言した。
これ以降、少年は行方不明となった。

1987年12月、新十津川町の農家で火災が起き、家主の男性が死亡した。
その半年後の1988年6月、焼け残った納屋を片付けていた家主の親類が人骨を発見した。
骨は焼かれて細かく砕かれ、ビニールに入れられて納屋の棚に置かれていた。
警察は歯形などから人骨を行方不明の少年のものと推定し、家主の妻を事情聴取した。
彼女は少年を最後に目撃した女性だったのである。
警察は厳しく取り調べたが、女性は人骨について何も知らないと犯行を否認し、その後は完全黙秘を貫いた。
物証に乏しい上、当時の技術では焼けた人骨のDNA鑑定は出来なかった。結局、警察は起訴を断念した。

それから10年後の1998年11月、警察はDNA鑑定により人骨が行方不明の少年のものと断定、女性を殺人罪で逮捕した。
時効まであと2ヶ月というギリギリのタイミングだった。
しかし、今回も女性は犯行を否認、完全黙秘を貫いた。
結果、2001年5月30日、一審で無罪判決。
傷害致死・死体遺棄・死体損壊罪は公訴時効が成立しており、殺人罪についても証拠が乏しく有罪にできなかったためだ。
検察は控訴したが、2002年3月19日に控訴棄却。上告は断念したため、女性の無罪が確定した。
その後、女性は刑事補償1160万円の請求を札幌地裁に起こし、支払いが決定した。

<ノンフィクション>

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 「新潮45」編集部 新潮文庫

限りなく黒に近いのに、完全否認と黙秘を貫き通して無罪を勝ち取った被告というのはかなり珍しい。
問題の女性は夫の殺害をもくろんで火災を起こした可能性もあるが、そちらは起訴すらされていない。

<リンク>
城丸君事件(wikipedia)
判決要旨へのリンクもあり。

スポンサーリンク