忍者ブログ

柴又三丁目女子大生殺人・放火事件

1996年9月9日に東京都葛飾区柴又で発生した殺人・放火事件。
被害者は当時21歳の女子大学生で、犯人は被害者を殺害後、放火して逃走した。
2015年現在未解決。捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)の対象事件。

<概要>
事件が起きたのは1996年9月9日、東京都葛飾区柴又の木造一戸建て住宅だった。
住宅には夫婦と娘二人が住んでいたが、事件当時は21歳の次女のみが在宅中だった。
午後3時50分頃、母親が仕事のため外出した。
その後、隣家から火災の通報があった午後4時39分までの49分間に、犯人は住宅に侵入し女性を殺害して放火した。

被害者の遺体は二階の両親の部屋で発見された。
彼女は口を塞がれ、両手・両足を縛られており、首を数カ所切りつけられて失血死していた。
両手には抵抗した際に出来たと見られる切り傷が多数あった。
着衣の乱れや暴行された形跡はなく、遺体には夏掛けの布団が被せられていた。

犯人については顔見知り(被害者が犯人を招き入れた可能性がある)、ストーカー(被害者は2日後から留学に行く予定だった)、強盗(引き出しが荒らされて1万円が盗まれていた。しかしトラベラーズチェックなどは手つかず)など諸説ある。
布団に付着していた血液からDNAが検出されており、粘着テープからは複数の犬の毛が見つかっている。
また、両足はからげ結びという特殊な結び方で縛られていた。

捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)により、有力な情報には800万円の懸賞金がかけられている。
2015年2月現在、未解決。

<リンク>
49分間の空白〜柴又三丁目女子大生殺人・放火事件(警視庁)

<ノンフィクション>

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 「新潮45」編集部 新潮文庫

スポンサーリンク