忍者ブログ

島根女子大生死体遺棄事件

2009年11月6日、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で女性のバラバラ遺体が見つかった事件。
被害者は島根県に住む女子大学生。
2016年12月、容疑者とみられる男性が書類送検され、2017年1月に不起訴処分。

<概要>
被害者の女子大学生が行方不明となったのは2009年10月26日のこと。
島根県浜田市内のアルバイト先を出た後、足取りが途絶えた。
二日後、娘と連絡を取れなくなった両親が捜索願を提出、11月2日には公開捜査となった。

遺体が見つかったのは11月6日のことだった。
島根県と広島県の県境に近い臥龍山山頂付近で、キノコ狩りに来ていた男性が頭部を発見した。
以降の捜索で左大腿骨の一部、胴体、左足首が見つかった。
他の部位については未発見だが、爪など小さな肉片・骨片が動物の糞から見つかっている。
島根・広島両県警は合同捜査本部を設置、翌2010年には捜査特別報奨金制度(300万円)を適用した。

被害者は島根県立大学の真面目な学生で、交際相手もおらず、目立ったトラブルも抱えてはいなかった。
遺留品や目撃情報の少なさから捜査は難航し、現在も未解決となっている。
警察は被害者が行方不明になった頃に目撃された不審な白色のセダンや、遺棄現場付近で発見されたNTT電話帳配布用ポリ袋などの情報提供を呼びかけている。

2016年12月18日、島根県警は遺体発見の二日後に事故死した矢野富栄(享年33)を殺人や死体遺棄容疑などで書類送検する方針と発表した。
男性のデジタルカメラに行方不明になったあとの被害者の画像が残っていたという。
2017年1月31日、容疑者死亡で不起訴処分となった。

<リンク>
女子大学生被害の死体遺棄等事件情報提供のお願い(島根県警察)
島根女子大学生バラバラ殺人事件(まさかりの部屋)
事件当時の報道から情報をまとめているページ。
事件の経緯をカレンダーでまとめてあり分かりやすい。また遺体の損壊についても考察している。

スポンサーリンク