忍者ブログ

ゾディアック事件

1968〜74年に米国サンフランシスコで起きた未解決の連続殺人事件。
犯人は地元メディアなどに犯行声明を送り、自らをゾディアック(Zodiac:黄道十二宮の意)と呼んだ。
確認されているだけで5人が殺害されているが、本人による犯行声明文によれば37人殺害しているという。
1978年に最後の犯行声明文を送って以降、姿を消した。

<概要>
最初の事件は1968年12月20月に起きた。
湖の近くに停車していた車が襲われ、車内にいた17歳の少年と16歳の少女が射殺された。

二度目の事件は翌年の7月4日のことで、やはり車でデートをしていた19歳と23歳のカップルが襲われた。
停車中だったカップルの隣に一台の車が近づき、降りてきた男は二人に向かって発砲し、再び車に戻って逃走した。
犯人は自ら警察に電話をかけ、起こしたばかりの事件について通報した。更に半年前の事件についても自らの犯行だと告げた。
この事件でカップルの男性は重傷、女性は病院到着時に死亡した。

一月後の8月1日、地元紙に犯行声明文が届いた。
犯人は自らをゾディアックと名乗り、犯人にしか知り得ないことを書き記していた。
手紙には暗号文が同封されており、解読すると犯人が人殺しを楽しんでいること、そしてまだ犯行を続ける旨が記されていた。

そして9月27日、第三の事件が起きる。
被害者(20歳の男性と22歳の女性)は湖の湖畔で食事をしていたところを覆面を被った襲われた。
男の胸には○に十字のマークが描かれていた。これは犯行声明文にも描かれていた図形である。
男は二人に拳銃を突き付け、金を出すように要求し、怯える二人を縛り上げた。
男は被害者達をめった刺しにし、二人の車にマークと以前の事件の日付を書いて立ち去った。
犯人はまたもや警察に通報を入れた。駆けつけた警察よって二人は救助されたが、女性の方は二日後に死亡した。

第四の事件はそのすぐ後に起きた。10月11日、タクシー運転手の男性(29歳)が客に射殺された。
犯人は運転手の財布を抜き取り、シャツを引き裂いて自分の指紋を拭きとった。
数日後、またもや犯行声明文が送られた。手紙には被害者のシャツの切れ端が同封されていた。

10月20日、ゾディアックは警察に電話をかけてきた。
彼は犯人しか知らないことを語った後、自首すると告げた。
しかし、それには条件をつけた。それは有名な弁護士をつけることとテレビのトークショウに出演することだった。
名指しされた弁護士は依頼を快諾した。そしてトークショウも放映された。
ゾディアックと名乗る男性が番組に何度か電話をかけてきたが、その声は以前警察に電話をかけてきた男とは別人のようだった。
弁護士はゾディアックに自首を勧め、会う約束を取り付けた。
しかし約束の日、ゾディアックは現れなかった。

その後、ゾディアックからは何度か犯行声明が送られている。手紙に書かれる被害者の人数は増えていたが、警察はその犯行を確認していない。
1974年、サンフランシスコ市警に届いた犯行声明文には37人殺した、と書かれていた。

その後1978年にもゾディアックを名乗る手紙が届いたり、ゾディアックと疑われる人物が逮捕されたり(後に別人と判明)などもあったが、2015年現在も未解決である。

なお、1990年代にはニューヨークで模倣犯による事件(リンク先は英語版wikipedia)が起きている。

<ノンフィクション>

ゾディアック ロバート・グレイスミス ヴィレッジブックス

この事件は1997年の神戸連続児童殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)でも関連を指摘された(犯行声明文に例のマークが描かれていた。本事件の英語版Wikipediaにも記載あり)ので、あの当時日本でも結構取り上げられた。
当時も何冊か翻訳書が出ていた気がするが、今手に入るのは本書だけかも。

<映画>

ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]

デビット・フィンチャーによるサスペンス映画。
疲れるけど面白い。

スポンサーリンク