忍者ブログ

石川ミユキ・猛

1948年に発覚した寿産院事件の主犯である夫妻。
1944年から1948年にかけて養育費目当てに200人以上の乳幼児を引き取り、うち100人ほどを死に至らしめた。
1948年に石川ミユキは懲役8年、夫の猛は懲役4年を言い渡されたが、1952年の二審ではミユキに懲役4年、猛は懲役2年の判決が下った。

<概要>
石川ミユキは産婆、夫の猛は元警官だった。
戦後のベビーブームと食糧難の最中、二人は広告を出すなどして200人以上の乳幼児を次々と引き取った。
寿産院に引き取られた子達はろくに面倒を見られることもなく、80〜160人(実際の被害者数は分かっていない)が餓死や凍死などで亡くなった。
石川は親から数千円の養育費を受け取っていた他、乳幼児用の配給品(ミルクや砂糖など)やもらい子が亡くなった際に葬儀用に配給される酒を横流しして稼いでいた。
また、同時に養子のあっせんも行っており、養子の貰い手からも金品を受け取っていた。

逮捕のきっかけは、亡くなった子供の処理を請け負っていた葬儀屋が遺体の運搬中に警官に見とがめられたことだった。
この葬儀屋が運んでいた遺体を解剖したところ、死因は餓死や凍死で、胃腸には食べ物が一切なかったことが分かった。
この結果を受け、警察は石川夫妻と産院で助手をしていた女を殺人罪で逮捕した。
逮捕時、寿産院からは数人の乳幼児が救出された。

なお、この事件の量刑は主犯の石川ミユキが懲役4年、猛が同2年と、同様のもらい子殺しを行っていた川俣初太郎(死刑)と比べるとかなり軽いように思われる。
死刑になった川俣が被害者らを絞殺して遺棄をしていたのに対し、石川夫妻は直接には手を下していなかったことや殺意を否定していたことが大きいのだろうか。
同じようなことを考えた者は多いようで、この時期、産院を開いてもらい子殺しをしていた事件は他にも起こっている。

<リンク>
昭和毎日:寿産院事件
当時の写真や新聞紙面の画像あり。
この事件は海外でも結構知られているようで(被害者人数によるシリアルキラーランキングで石川ミユキがかなり上の方にいるのを見たことがある)、英語のwikipedia記事もある。

<ノンフィクション>

日本猟奇・残酷事件簿 合田 一道・犯罪史研究会 扶桑社文庫

スポンサーリンク