忍者ブログ

島根女子大生死体遺棄事件

2009年11月6日、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で女性のバラバラ遺体が見つかった事件。
被害者は島根県に住む女子大学生。
2016年12月、容疑者とみられる男性が書類送検され、2017年1月に不起訴処分。

<概要>
被害者の女子大学生が行方不明となったのは2009年10月26日のこと。
島根県浜田市内のアルバイト先を出た後、足取りが途絶えた。
二日後、娘と連絡を取れなくなった両親が捜索願を提出、11月2日には公開捜査となった。

遺体が見つかったのは11月6日のことだった。
島根県と広島県の県境に近い臥龍山山頂付近で、キノコ狩りに来ていた男性が頭部を発見した。
以降の捜索で左大腿骨の一部、胴体、左足首が見つかった。
他の部位については未発見だが、爪など小さな肉片・骨片が動物の糞から見つかっている。
島根・広島両県警は合同捜査本部を設置、翌2010年には捜査特別報奨金制度(300万円)を適用した。

被害者は島根県立大学の真面目な学生で、交際相手もおらず、目立ったトラブルも抱えてはいなかった。
遺留品や目撃情報の少なさから捜査は難航し、現在も未解決となっている。
警察は被害者が行方不明になった頃に目撃された不審な白色のセダンや、遺棄現場付近で発見されたNTT電話帳配布用ポリ袋などの情報提供を呼びかけている。

2016年12月18日、島根県警は遺体発見の二日後に事故死した矢野富栄(享年33)を殺人や死体遺棄容疑などで書類送検する方針と発表した。
男性のデジタルカメラに行方不明になったあとの被害者の画像が残っていたという。
2017年1月31日、容疑者死亡で不起訴処分となった。

<リンク>
女子大学生被害の死体遺棄等事件情報提供のお願い(島根県警察)
島根女子大学生バラバラ殺人事件(まさかりの部屋)
事件当時の報道から情報をまとめているページ。
事件の経緯をカレンダーでまとめてあり分かりやすい。また遺体の損壊についても考察している。

板橋資産家夫婦放火殺人事件

2009年5月25日に東京都板橋区で起きた殺人放火事件。
被害者は現場の民家に住む夫婦で、地元では有名な資産家だった。
2017年現在、未解決。

<概要>
2009年5月25日の午前0時半頃、東京都板橋区の資産家夫婦宅から火の手が上がり、全焼した。
現場からはこの家に住む当時74歳の夫と69歳の妻の遺体が見つかった。二人は鈍器で殴られた上に刃物で刺殺されていた。防御創はなく、抵抗できないような状況であったと推定される。
焼け跡からは約1000万円の札束も見つかっている。

被害者夫妻は個人で多くの不動産を所持しており、一晩に100万円以上散財するなど、地元でも有名な資産家だった。
用心深かったため、約1000坪もの敷地内にある広大な自宅の施錠には気を使い、赤外線センサーで侵入者を知らせる装置を設置していた。ただ、監視カメラはなかった。
状況から被害者宅に詳しい者による計画的な犯行とみられている。

2017年現在も未解決。

<ノンフィクション>

板橋資産家殺人事件の真相 「日中混成強盗グループ」の告白  李策 宝島社

本書によると、暴力団と中国の犯罪者による組織的な犯罪だったという。
自宅内にあった10億円以上の現金などが目当ての犯行だったという。犯人らも持ちきれないほどの現金があったのだとか。
どの程度信ぴょう性があるのかは疑問だが、ありえそうな話ではある。

ジョンベネ殺害事件

1996年12月26日にアメリカ・コロラド州ボルダーで起きた殺人事件。
被害者は当時6歳の少女で、自宅地下室で遺体が発見された。
被害者が富豪の娘で美少女コンテスト常連だったことから、事件は大きく報道された。
2016年現在、未解決。

<概要>
ジョンベネ・パトリシア・ラムジー(JonBenét Patricia Ramsey)は1990年8月6日、IT企業を経営する父親と元ミス・ウエストバージニアの母親の娘として生まれた。
母親はミス・アメリカになるというの自分ではかなえられなかった夢を娘に託し、幼い彼女を全米各地の美少女コンテストに出場させていた。

1996年12月25日、友人らとクリスマスパーティを楽しんだ後、少女は帰りの車の中で眠ってしまった。
父親が彼女を自室のベッドへと運んだが、翌朝、その姿は消えていた。母親は警察に娘が誘拐されたと通報した。
自宅には「警察に通報するな」「金を用意しろ」などと書かれた脅迫状が置かれていたが、指定されていた午前10時を過ぎても犯人から連絡はなかった。
再度自宅内を捜索したところ、地下室で被害者の遺体が発見された。
被害者は性的暴行を受けており、遺体の口はガムテープで塞がれ、首を縛った痕跡や頭部への打撲のあとがあった。

裕福な家庭の美少女が殺害されたとあって、マスコミはこの事件をセンセーショナルに報道した。日本でも連日報道されていた。
事件当初、家族の犯行が疑われてマスコミも大きく報道したが、被害者から採取された男のDNAとは一致しなかった。
犯人だと疑われた者は何人かいるが、いずれも証拠は不十分であった。
2016年現在も犯人は逮捕されず、未解決。

<リンク>
ジョンベネちゃん兄が笑顔でインタビュー応じる 「異様」との声殺到(livedoor news)
2016年に被害者の兄がインタビューに答え、ちょっと話題になった。
Murder of JonBenét Ramsey (Wikipedia en)

世田谷一家四人強盗殺人事件

東京都世田谷区で2000年12月30〜31日の深夜から未明にかけて起きた一家惨殺事件。
被害者はこの家の40代の夫妻とその子供二人の計四人。
警視庁による正式名称は『上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件』。
2015年12月現在も未解決。

<概要>
事件が起きたのは東京都世田谷区上祖師谷三丁目の閑静な住宅地だった。現場周辺は公園の立ち退き区域で、当時は被害者宅も含めて四軒(うち一棟には被害者の母親が住んでいた)しかなかった。

犯人が凶行に及んだのは2000年12月30日の午後11時頃と考えられている。
侵入経路は二階浴室の窓と見られているが、客として玄関から侵入した可能性もある。
犯人はまず二階の子供部屋で寝ていた長男(当時6歳)を手で首を絞めて絞殺した。
その後、異変に気付いて二階に上がってきた父親(当時44歳)を刺殺。彼の遺体は一階の階段下に倒れていた。
そして最後に、屋根裏部屋に寝ていた母親(当時41歳)と長女(当時8歳)をめった刺しにして刺殺した。最初は父親を刺殺したのと同じ包丁を使ったと考えられるが、包丁が折れてしまったため、被害者宅の包丁でとどめを刺されたと見られている。二人の遺体は二階階段の踊り場付近で見つかっており、母親が娘を手当てしたような痕跡も残っているという。
事件が発覚したのは31日の午前10時40分頃で、隣家に住む妻の母親が電話が通じないことを不審に思い訪問し、娘一家の遺体を発見した。

事件後、犯人は殺害の際に負った右手の傷を手当てし、被害者宅の冷蔵庫にあったアイスクリームやお茶、メロンなどを食べ、被害者のPCでインターネットに接続していた。
また戸棚や机などは荒らされ、預金通帳や免許証等が並べられていたという。浴室にも書類や領収書が散乱していた。
ネットの接続記録から、犯人は31日の午前1時頃までは被害者宅にいたと考えられている。しかし、翌朝午前10時頃にもパソコンの起動ログが残っており、犯人が事件発覚直前まで現場にいた可能性もある。

犯人の血液や服など遺留品や手がかりも多かったが、2015年現在も犯人逮捕には至っていない。
現在、犯人逮捕につながる有力な情報の提供に2000万円の懸賞金がかかっている。

<リンク>
上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件(警視庁)
世田谷一家殺害事件(Wikipedia)

<ノンフィクション>
超がつくほど有名な事件ゆえ、この事件を追った本は多い。が、ここでは被害者親族(妻の姉)が事件について書いた本書だけを紹介する。

この悲しみの意味を知ることができるなら―世田谷事件・喪失と再生の物語 入江杏 春秋社

長岡京殺人事件

1979年5月23日に京都府長岡京市で起きた未解決の殺人事件。京都長岡ワラビ採り殺人事件とも呼ばれる。
被害者は当時32歳と43歳の主婦二名。二人とも激しい暴行を受けていた。
1994年5月24日に公訴時効が成立。

<概要>
1979年5月23日、同じスーパーでパート仲間だった主婦二人が、パート帰りにワラビ取りへと向かった。
彼女らが向かったのは山菜採りやタケノコ狩りで地元ではよく知られた山だったが、奥に行くと人気がなく寂しい場所だった。
そこで二人は何者かに襲われた。
彼女らは全身を激しく殴打され、内臓破裂や肋骨数本が折れていた。また、性的暴行を受けた形跡もあった。
二人の遺体はアキレス腱を切られており、一人は絞殺、もう一人は刺殺されていた。遺体には包丁が突き刺さったままだった。
二日後の25日、二人の遺体は山頂付近で発見された。

遺体から検出された体液から犯人の血液型はO型と判明したが、指紋などは見つかっておらず、犯人に繋がる有力な手がかりは得られなかった。
なお、刺殺された女性のポケットから『オワレている たすけて下さい この男の人わるい人』と書かれた勤務先スーパーのレシートが見つかっている。
1994年5月24日に公訴時効が成立した。

ちなみに、この事件には後日談的な噂がある。
被害者二人と共にワラビ取りに行ったが先に下山したため難を逃れた第三の女性がおり、この事件の5年後に殺害されたという話だ。
出所不明の噂話である。

<リンク>
長岡京ワラビ採り殺人事件(事件史探求)