忍者ブログ

モーゼス・シトレ

Moses Sithole

1994〜5年にかけて、南アフリカで少なくとも38人を殺害した連続殺人犯。
この事件はABC殺人事件(ABC Murders)としても知られている。
被害者は女性ばかりで、性的暴行を加えられた後に殺害されている。
1995年10月に逮捕され、1997年12月に裁判で懲役2410年を科せられた。
現在も収監中。

<概要>
モーゼス・シトレは1964年11月17日、南アフリカのヴォスルーラスの貧しい家に生まれた。
彼が5歳の時、父親が死んだ。母親は家族を見捨てて出て行ってしまったため、彼と兄弟達はその後三年を孤児院で過ごした。
シトレが後に語ったところによると、孤児院で虐待を受けていたという。しかし、アパルトヘイトの時代であるため、彼の幼年期についてはあまり情報がない。

十代になったシトレは強姦で逮捕され、懲役7年に処された。この時の刑務所での経験が、後に彼を連続殺人犯にしたらしい。

出所後のシトレは周囲の人々には温厚な人間に見えた。しかし、その一方で彼は犯行を重ねていた。
シトレは虐待された子供のための慈善団体を運営しているように装い、求人に応じた女性を人気のない草原に連れ出した。そこで女性を暴行し、下着で絞殺する、というのが彼の手口だった。
シトレは1994年から逮捕される1995年までに少なくとも38人を殺害した。
犯行はアッテリッジヴィル(Atteridgeville)から始まり、ボックスバーグ(Boksburg)、クリーブランド(Cleveland)でも行われたため、この事件はABC連続殺人事件と呼ばれた。

1995年8月、殺害を免れた被害者の一人の証言により、シトレが捜査線上に浮かんだ。警察の手が迫り、彼はすぐに姿を消した。
その年の10月、彼はジャーナリストに連絡を取り、自分が指名手配されている殺人犯だと明かした。彼はかつて刑務所に収監されていた時に受けた不正な扱いが犯行の動機だと語り、76人殺害したと主張した。そして犯人であるという証明のために遺体の一つの在処を示した。
警察はヨハネスブルグでシトレを追い詰め、銃撃の末に逮捕した。なお、治療のために連れて行かれた病院で、HIV感染が発覚した。

1997年12月5日、裁判によりシトレは38件の殺人にそれぞれ50年、40件の婦女暴行にそれぞれ12年、6件の強盗にそれぞれ5年の懲役刑を科された。
合計すると懲役2410年、仮釈放請求には少なくとも930年が必要だという。

2015年現在も収監中。

<リンク>
Moses Sithole (Wikipedia en)

スポンサーリンク