忍者ブログ

井の頭公園バラバラ殺人事件

1994年4月23日、東京の都立井の頭恩賜公園のゴミ箱から切断された男性の遺体が見つかった事件。
公園内の複数のゴミ箱から計27個の遺体が見つかった。
2009年に時効。

<概要>
清掃員がゴミの中から猫の餌になりそうなものを探している最中、ビニール袋に入った足首を発見して事件が発覚。
見つかったのは手足と胴体の一部で、遺体は部位に関わらず20センチほどの大きさに切りそろえられていた。
これは遺棄場所のゴミ箱にサイズを合わせたものと考えられる。
なお、切断面には少なくとも3つのパターンがあり、複数犯の可能性もある。
また、遺体からはほぼ完璧に血を抜かれていた。
このような作業には特殊や設備や知識が必要とされる。
また手足の指紋や掌紋が切り取られるなど、身元を隠すための偽装工作もされていた。

DNAから特定された被害者は、近所に住む当時35歳の男性。
彼は特にトラブルを抱えていた様子もなく、遺体からも直接の死因が判明しなかったため、捜査は困難を極めた。
ある宗教が事件に関わっているという説もあれば、背格好の似た別人と間違って殺害されたのではないかという説も存在する。

その後、地下鉄サリン事件が起こり、捜査は停滞する。
結局犯人の目星すら付かず、2009年に時効を迎えた。

<ノンフィクション>

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 「新潮45」編集部 新潮文庫

また、ご遺族が手記『心事の軌跡』を出版されている(絶版)。

<おまけ>
完全に与太話の類だが、事件の数年前に発売された真・女神転生の祟り説も存在する。
このゲームの作中でも、井の頭公園でバラバラ殺人事件が起こる。
神や悪魔を扱ったゲームで、実際、開発チームは奇怪な現象に見舞われたらしい。
実際、このシリーズの新作を作る際にはお祓いをかかせないという話だ。
お祓いをしなかったらしい真4は発売後……

ブラックダリア事件

<概要>
1947年1月15日にアメリカ・ロサンゼルスで発生した殺人事件。
被害者はエリザベス・ショートという女優志望の若い女性。
遺体は胴体で二つに切断され、口は耳元まで切り裂かれていた。
遺体発見時に撮影された写真は非常に有名(ググればすぐ見られる)。
あまりに異様な遺体の状況とハリウッドを目指す美人が被害者ということで、当然のごとく報道は過熱。
しかし、結局犯人は逮捕されず、未解決のまま現在に至る。

<リンク>
ブラック・ダリア事件(Wikipedia)

<ノンフィクション>

ブラック・ダリアの真実 スティーブ・ホデル ハヤカワ文庫
LA市警の元刑事である著者が、本事件の真犯人を負うルポ、ドキュメンタリー。
被疑者はなんと著者自身の父。
本書に示された『真相』が真実なのかは分からない。
ただ、ここで描かれた犯人像、事件の背景はとてもリアル。

<小説>

ブラック・ダリア ジェームス・エルロイ 文春文庫

LA4部作の第一作。
著者自身も母を殺害されており、そのためかこの事件には大変思い入れがあるようだ(上の本にも前書きを書いている)。
ちなみに映画化もされたが、そっちはあまり面白くなかった。