忍者ブログ

長岡京殺人事件

1979年5月23日に京都府長岡京市で起きた未解決の殺人事件。京都長岡ワラビ採り殺人事件とも呼ばれる。
被害者は当時32歳と43歳の主婦二名。二人とも激しい暴行を受けていた。
1994年5月24日に公訴時効が成立。

<概要>
1979年5月23日、同じスーパーでパート仲間だった主婦二人が、パート帰りにワラビ取りへと向かった。
彼女らが向かったのは山菜採りやタケノコ狩りで地元ではよく知られた山だったが、奥に行くと人気がなく寂しい場所だった。
そこで二人は何者かに襲われた。
彼女らは全身を激しく殴打され、内臓破裂や肋骨数本が折れていた。また、性的暴行を受けた形跡もあった。
二人の遺体はアキレス腱を切られており、一人は絞殺、もう一人は刺殺されていた。遺体には包丁が突き刺さったままだった。
二日後の25日、二人の遺体は山頂付近で発見された。

遺体から検出された体液から犯人の血液型はO型と判明したが、指紋などは見つかっておらず、犯人に繋がる有力な手がかりは得られなかった。
なお、刺殺された女性のポケットから『オワレている たすけて下さい この男の人わるい人』と書かれた勤務先スーパーのレシートが見つかっている。
1994年5月24日に公訴時効が成立した。

ちなみに、この事件には後日談的な噂がある。
被害者二人と共にワラビ取りに行ったが先に下山したため難を逃れた第三の女性がおり、この事件の5年後に殺害されたという話だ。
出所不明の噂話である。

<リンク>
長岡京ワラビ採り殺人事件(事件史探求)

スポンサーリンク