忍者ブログ

世田谷一家四人強盗殺人事件

東京都世田谷区で2000年12月30〜31日の深夜から未明にかけて起きた一家惨殺事件。
被害者はこの家の40代の夫妻とその子供二人の計四人。
警視庁による正式名称は『上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件』。
2015年12月現在も未解決。

<概要>
事件が起きたのは東京都世田谷区上祖師谷三丁目の閑静な住宅地だった。現場周辺は公園の立ち退き区域で、当時は被害者宅も含めて四軒(うち一棟には被害者の母親が住んでいた)しかなかった。

犯人が凶行に及んだのは2000年12月30日の午後11時頃と考えられている。
侵入経路は二階浴室の窓と見られているが、客として玄関から侵入した可能性もある。
犯人はまず二階の子供部屋で寝ていた長男(当時6歳)を手で首を絞めて絞殺した。
その後、異変に気付いて二階に上がってきた父親(当時44歳)を刺殺。彼の遺体は一階の階段下に倒れていた。
そして最後に、屋根裏部屋に寝ていた母親(当時41歳)と長女(当時8歳)をめった刺しにして刺殺した。最初は父親を刺殺したのと同じ包丁を使ったと考えられるが、包丁が折れてしまったため、被害者宅の包丁でとどめを刺されたと見られている。二人の遺体は二階階段の踊り場付近で見つかっており、母親が娘を手当てしたような痕跡も残っているという。
事件が発覚したのは31日の午前10時40分頃で、隣家に住む妻の母親が電話が通じないことを不審に思い訪問し、娘一家の遺体を発見した。

事件後、犯人は殺害の際に負った右手の傷を手当てし、被害者宅の冷蔵庫にあったアイスクリームやお茶、メロンなどを食べ、被害者のPCでインターネットに接続していた。
また戸棚や机などは荒らされ、預金通帳や免許証等が並べられていたという。浴室にも書類や領収書が散乱していた。
ネットの接続記録から、犯人は31日の午前1時頃までは被害者宅にいたと考えられている。しかし、翌朝午前10時頃にもパソコンの起動ログが残っており、犯人が事件発覚直前まで現場にいた可能性もある。

犯人の血液や服など遺留品や手がかりも多かったが、2015年現在も犯人逮捕には至っていない。
現在、犯人逮捕につながる有力な情報の提供に2000万円の懸賞金がかかっている。

<リンク>
上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件(警視庁)
世田谷一家殺害事件(Wikipedia)

<ノンフィクション>
超がつくほど有名な事件ゆえ、この事件を追った本は多い。が、ここでは被害者親族(妻の姉)が事件について書いた本書だけを紹介する。

この悲しみの意味を知ることができるなら―世田谷事件・喪失と再生の物語 入江杏 春秋社

スポンサーリンク