忍者ブログ

金川真大

2008年3月に発生した土浦連続殺傷事件の犯人。
2008年3月19日午前、茨城県土浦市内で当時72歳の男性を背後から刺殺。
3月23日、常磐泉荒川沖駅付近で通行人と警察官8人を次々と刺傷、うち一人を殺害して現行犯逮捕された。
2009年12月18日、一審で死刑判決。
弁護士は即日控訴したが、同年12月28日、控訴取り下げ。
2013年2月21日に死刑執行。享年29歳。

<概要>
金川真大は四人兄弟の長男として生まれた。
高校では弓道で全国大会に行くなど真面目な生徒だったが、部活動を辞めてから生活態度が一変し、結局進学も就職もしなかった。
卒業後はバイト生活を送りながらゲームに打ち込んでいたという。後に潜伏する秋葉原にはこの頃から通っていたらしい。
ゲーム以外ではほぼ引きこもっていたため、家族からは冷遇されていたらしい。
父親から仕事をしろと責められて暴力を振るったりしていた。
自殺願望から何か大きな事件を起こしてやろうと考えるようになり、2008年の初頭には、後の事件で凶器となるナイフや包丁を購入していた。

2008年3月19日午前、金川は茨城県土浦市内で当時72歳の男性を背後から刺殺した。
直前までは妹を殺し、母校である小学校を襲うつもりだったという。しかし、妹は不在、小学校は卒業式で人が多かったために犯行を諦めた。
そしてたまたま目に付いた男性を刺したのだという。
現場の遺留品から、二日後には指名手配された。
その後秋葉原に潜伏するなどしていたが、3月22日には警察に捕まえてみろというような挑発の電話をかけている。
そして翌23日、金川は常磐泉荒川沖駅付近で通行人と警察官8人を次々と刺傷した。
彼は血の付いた包丁を持って駅から少し離れた交番に行き、呼び出し電話機から自ら通報、駆けつけた警官らにより現行犯逮捕された。
被害者のうち、27歳の男性が一人亡くなった。

裁判で、金川は自殺したいために凶行に及んだと述べた。
2009年12月18日、一審で死刑判決。
弁護士は即日控訴したが、同年12月28日、控訴取り下げ。
2013年2月21日に死刑執行。享年29歳だった。
なお、同日には小林薫も死刑執行されている。

<ノンフィクション>

死刑のための殺人: 土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録 読売新聞水戸支局取材班 新潮社

読売新聞記者が金川とも接見を繰り返して書いたルポ。
金川は死刑になるために事件を起こしたのだという。つまり司法は彼に罰を与えたのではなく、望みを叶えたことになる。
この矛盾について考えさせられる一冊。

スポンサーリンク