忍者ブログ

山崎愛美

山崎愛美(よしみ)

北海道苫小牧市で2007年2月20日に発覚した児童虐待死事件の犯人。
2006年10月頃から自身の長男(当時3歳)と三男(当時1歳)を自宅に約一月の間放置、三男を餓死させた。
その後、三男の遺体を交際中の男性宅にある物置内に隠した。
三男の行方が分からなくないことを不審に思った児童相談所の通報により事件が発覚した。
2007年、一審で懲役15年の判決を受けた。

<概要>
山崎は中学生の頃には非行に走り、児童相談所に入所していたこともあるらしい。
16歳の頃に長男を出産。その後も次男・三男を次々と出産したが、夫とは離婚。
以降は生活保護を受けながら夜の仕事をし、長男・三男(二男は事故死しているという。詳細不明)をシングルマザーとして育てていた。

2006年10月30日、山崎は二人の子を当時住んでいた市営住宅に残して家を出た。
子供達は前夜、残り物で作ったチャーハンを食べたきりだったという。
山崎は最初から二人を餓死させることを目的としており、その後12月4日まで約一ヶ月間家に帰ることはなかった。
その間、山崎は交際中の男性宅で暮らしていた。家に戻ったのは異臭による苦情で立ち退きを迫られたからだった。

山崎は二人とも既に死亡していると思っていたが、帰宅すると長男が彼女に駆け寄って「ママ、遅いよ」と言ったという。
長男は残飯や生ゴミを食べて生き延びていた。しかし、三男は山崎が家を出て一週間ほどで亡くなったとみられている。
長男の証言によれば、亡くなった三男は腐敗し、口は虫で一杯だったという。
山崎は長男の目の前で三男の遺体の口にガムテープを貼ったりビニール袋に入れたりして、何とか遺体を隠そうとした。

三男の遺体は段ボールに入れられ、交際中の男性宅の物置に置かれた。
部屋から連れ出された長男はガリガリに痩せていたという。彼は祖母(山崎の母親)に預けられることになった。

その後も子育てに悩んだ山崎は苫小牧市の児童相談所に相談。
しかし、三男の行方不明を不審に思った児童相談所が警察に通報。
2007年2月20日、捜索に訪れた警察が三男の遺体を発見し、事件が発覚した。
逮捕された山崎は警察で、子供の世話が面倒になったことや餓死させるつもりで放置したことを語った。

2007年12月18日、殺人と死体遺棄、保護責任者遺棄の罪で一審で懲役15年の判決を受けた。
なお、その直前の8月、山崎は獄中出産したという。

<リンク>
密室の悲劇-児童虐待を考える(苫小牧民報)

<映画>
子宮に沈める』は2010年に大阪で起きた二児虐待死事件に加え、本事件も基にしているようだ。
映画中のチャーハンを作って出て行く母親のエピソードは本事件からのものだろう。

子宮に沈める[DVD]

スポンサーリンク