忍者ブログ

下村早苗

下村早苗

2010年7月30日に発覚した大阪二児虐待死事件の犯人。
亡くなったのは下村の実子二人(3歳の女児と1歳8ヶ月の男児)。
二人はゴミだらけでエアコンもない部屋に約二月閉じ込められ、餓死した。
2012年、大阪地裁で懲役30年の判決。続く二審でも一審判決が支持された。
2013年、最高裁で上告が棄却され、刑が確定した。

<概要>
下村は1987年、高校教師の父と主婦の母親との間に三姉妹の長女として生まれた。
父親は不良のたまり場と呼ばれた高校で名門ラグビー部を育て上げた有名監督だった。
母親は父親の教え子の一人で、高校卒業後に結婚・出産するが、夜遊びや不倫を繰り返した。
両親の離婚後、下村ら三姉妹は父親に引き取られるが、父親やその再婚相手からはあまり手をかけられなかったらしい。
小学校では優等生だった彼女は、中学入学以降、非行グループとつるむようになる。
中学卒業後は父親の手引きで関東のとある私立高校に入学する。
そこでは父親の知り合いの教師の実家に下宿した。当初は反発した彼女だったが、卒業の頃には落ち着き、家事や礼儀作法を身につけたという。

高校卒業後、下村は地元に戻り、割烹店に就職した。
そこで当時大学生だった男性と出会い、妊娠・結婚する。
結婚後、夫婦は夫の実家に同居し、二人の子供が生まれた。
当初、下村は夫の両親とも良好な関係を築いており、子供達は両親と祖父母に囲まれて大切に育てられた。
この時期、彼女はブログを開設し、子供への愛情や幸せな生活について書いている。
しかし、2008年に二人目の子供が生まれた直後、下村は人間関係に問題を抱えるようになった。
古い友達と連絡を取るようになり、子供を家に置いて朝帰りを繰り返した。
彼女の不倫はすぐに夫やその家族の知るところになり、夫婦は結局離婚することとなった。
子供達は下村が引き取った。

子連れの下村は実母を頼った。しかし、その実母も精神的に不安定で、子育ての協力を期待出来る相手ではなかった。
下村は実母の元を離れ、寮付きの風俗店を転々とする生活が始まった。
元夫からの養育費などはなく、両親の援助も得られない。
当然のように、子供達は育児放棄状態になった。
彼女自身が行政に相談したこともあったし、近隣からの児童相談所への通報もあった。
しかし、結局親子を救う者はなかった。

2010年6月9日、下村は子供達だけを残して従業員寮の部屋を出た。
部屋と玄関の間の戸には粘着テープが貼られ、子供達が部屋の外へは出られないようにされていた。
部屋には水道はなく、冷蔵庫は空だった。
母親が置いていったわずかな食糧が尽きると、子供達はドアホンで外部に助けを求めたり、汚物で汚れた手で壁を叩いたりした。
しかし、通報を受けた警察が彼らを発見したのは7月30日のことだった。
二人は既に餓死していた。子供達は裸で、遺体は腐敗して一部が白骨化していた。
段ボール10箱分のゴミに囲まれ、折り重なるように亡くなっていたという。
同日、下村は逮捕された。
なお、彼女は6月下旬と事件発覚の直前に部屋に戻っていた。
しかし、子供達の遺体を発見しても通報することもせず、再び外出してホスト遊びに興じていたという。

2012年、大阪地裁で懲役30年の判決を下した。続く二審でも一審判決が支持された。
2013年、最高裁で上告が棄却され、刑が確定した。

なお現在は支援者と養子縁組し、中村姓を名乗っている。

<ノンフィクション>

ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件 杉山春 ちくま新書

本事件を取材したルポ。登場する人物名は全て仮名。
この事件の疑問点は、母親が実の子に対してどうしてあそこまで冷酷になれたのかだと思う。
そして、そこまで我が子が邪魔なら、どうして手放さなかったのか、ということだ。
だが、本書を読んでその理由の一端は分かったような気がした。
例えば、離婚直後、家を追い出された下村が子供二人と共に知人男性(友人であり不倫相手ではないという)宅へと連れて行かれ、ミルク代もなく置き去りにされたという不可解なエピソード。
下村がインフルエンザにかかり、父親や実家住まいの元夫に子らの面倒を頼んでも、あっさりと断られたという話。
元夫は離婚後一度も子供達に会っていないし、子供達の誕生日にお祝いのメールすら送ることはなかったという。
下村は彼らのこのような扱いに対し、「(自分や子供を)なかったことにしたいんだと思った」らしい。
困窮した彼女が助けを求めようとしなかったのは、ある意味当然なのかもしれない。

<映画>
本事件や2006年に苫小牧で起きた類似の事件を元にした映画『子宮に沈める』。

子宮に沈める[DVD]


<類似の事件>
山崎愛美
2006年に北海道で実子二人を放置して死に至らしめた。
畠山鈴香
2006年に秋田県で実子と隣家の子二人を殺害した。

スポンサーリンク